Let'sデータ分析 第8回 SAS/JMPによるミクロデータ分析コンテスト | SAS

第8回Let'sデータ分析

SAS/JMPによる
ミクロデータ分析コンテスト

SASユーザー会世話人作成 「新擬似ミクロデータ」

ミクロデータ分析コンテストとは

SASユーザー総会では、2013年から「Let'sデータ分析」と題してデータ分析コンテストを行っています。
今年のユーザー総会においても、新擬似ミクロデータを用いたデータ分析コンテストを開催します。

当コンテストでは応募の際に規定課題と自由課題が課せられます。
提出された課題を予備審査して予選通過者を選び、SASユーザー総会前にオンラインで実施予定の審査会でプレゼンテーションをしていただき、最優秀賞(賞金8万円)1組、優秀賞(賞金1万円)1組を選出します。受賞者にはユーザー総会当日の「Let'sデータ分析コンテスト」セッションにて、オンラインでプレゼンテーションをしていただきます。

SAS世話人会オリジナル「新擬似ミクロデータ」使用

このコンテストで用いる「新擬似ミクロデータ」は、公的統計のミクロデータの利用を促進するために、SASユーザー会世話人の有志が、全国消費実態調査の匿名データを基にして作成しました。その目的は、大学などの教育・研究機関における実習の際に、統計法の制約を受けずに、比較的大規模な公的ミクロデータが無料で利用できる環境を提供することです。このコンテストは2013年から毎年実施しており、2018年のコンペまでは2004年匿名データから作成した擬似ミクロデータを使用してきましたが、2019年のコンペからは、新たに1989年、1994年、1999年の匿名データからも擬似ミクロデータをそれぞれ作成した結果、データコンペで使用できるようになり、時系列による分析も可能となりました。
新擬似ミクロデータおよび符号表(メタデータ)などは、どなたでもデータコンペに参加の有無を問わず、下記STEP1 エントリー欄にあるURLから無料でダウンロード出来ます。

この新擬似ミクロデータは、SAS Institute Japan 株式会社が独立行政法人統計センターから有償で提供を受けた全国消費実態調査の匿名データに含まれる変数を使って高次元のクロス集計表および相関行列を作成した後、多変量対数正規乱数などを用いて人工的に作成しました。このデータの分布特性を元の匿名データと比較してみると、散らばりが幾分大きくなる場合もありますが、おおむね匿名データのそれに近似していることは確認済みであり、教育・訓練用のミクロデータとしての品質は確保しています。 

2019年から提供する新擬似ミクロデータは、過去4回分の擬似ミクロデータを調査年次順に一つのSASファイルにまとめた結果、全オブザベーション数が271,169件になりました。また、SAS/JMP以外のユーザーでも利用できるようCSVファイルとしても提供しています。

新擬似ミクロデータの収録変数について簡単に説明します。 変数は全部で222個あり、大きく分けて以下の5種類です。
① 調査年(1989、1994、1999、2004)
② ユニークなレコード一連番号(#1~271,169)
③ 世帯属性(16項目)
世帯人員、世帯の就業者数、世帯主の年齢、世帯主の勤め先の産業・職業区分などの世帯に関する情報
④ 収支項目(203項目)
年収の他に、収支項目ごとの世帯の1か月の収支金額
⑤ 集計用乗率(復元乗率)
全国消費実態調査は悉皆調査(全数調査)ではなくて標本調査なので、集計用(復元)乗率が収録されています。

賞金

各部門の最優秀賞、優秀賞の受賞チームに賞金を贈呈いたします。
ただし、該当者がない場合もあります。たくさんのご応募をお待ちしております。

最優秀賞

8万円

※1組

優秀賞

1万円

※1組

データコンペ実施日程表

STEP1

エントリー

STEP2

最終提出物の
メールによる送付

STEP3

予備審査

結果発表

STEP4

オンライン審査会 

STEP5

最優秀賞受賞者による
オンライン・プレゼンテーション
@ユーザー総会

STEP1 エントリー
受付期間: 6月8日(火)~ 8月31日(火)

  • エントリー
    エントリーのお申し込み方法については、6月7日にこのホームページでお知らせします。
    ※データのダウンロードだけではエントリーになりません。
  • ダウンロード
    「新擬似ミクロデータ」は、下記のリンクから、ダウンロードしてください。 
    なお、データコンペに参加しなくてもダウンロードすることができます。

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると以下のファイルがあります。

1) giji4zensho.csv             新擬似ミクロデータ:CSVファイル
2) giji4zensho.sas7bdat     新擬似ミクロデータ:SASデータセット
3) giji4MetaData.xlsx       データ解説:変数名及び符号表

新擬似ミクロデータ
(ZIP形式:173MB)

※上記ファイルに関してアップデートがありましたら、当サイトにて告知しますので必要に応じ確認ください。
※上記ファイルに関してお問い合わせは、SASユーザー総会運営事務局(Let’sデータ分析コンテスト事務局)にても承ります。

STEP2 最終提出物のメールによる送付
提出締切: 9月17日(金)

SAS/JMPでデータ分析して作成した規定課題と、自由課題及びSASプログラム又はJMPのスクリプトファイル一式を事務局宛にメールでお送りください。規定課題と自由課題は指定のフォーマットに従って作成してください。
※最終レポートの最終作成段階で、Excelなどの他のソフトを「図表の整形」に使うことは差し支えありませんが、計算処理は全てSAS/JMPでしなければなりません。
※SASソフトウェアを使用できない環境の方は、無償のSASソフトウェアをご利用ください。
SASの無償使用については以下のサイトをご覧ください。
https://www.sas.com/ja_jp/learn/academic-programs/software.html

STEP3 予備審査&結果発表
予備審査結果発表: 10月15日(金)

応募提出物の中から上位3位までを予選通過とします。審査結果はエントリーしていただいた方に、事務局から直接ご連絡いたします。(予選通過が3組未満の場合もあります。)

STEP4 オンライン審査会
11月上旬予定(予選通過者にメールで通知)

書類審査の予選を通過したグループにはユーザー総会前に実施予定の審査会においてオンラインによりプレゼンテーションを行っていただきます。この中から最優秀賞1組と優秀賞1組を決定します。
このオンライン審査会には、プレゼンテーション資料(20分程度のパワーポイントファイル)をご用意ください。

STEP5 最優秀賞受賞者によるオンライン・プレゼンテーション @ユーザー総会
11月20日(土)

SASユーザー総会の「Let'sデータ分析コンテスト」セッションにてオンラインによりプレゼンテーションしていただきます。

オンライン・プレゼンテーションは、事前に収録いただいた動画ファイルの配信を予定しています。詳細は別途お知らせします。

課題

あらかじめ設定された規定課題、および自由課題とします。自由課題と規定課題が揃っていない場合は、審査対象外とします。
自由課題は「新擬似ミクロデータ」を使って、データ分析処理をしていただきますが、今年の自由課題ではテーマを指定します。

規定課題

規定課題はエントリー開始時期(6月8日)に合わせて公表します。以下のURLから規定課題をダウンロードいただき、新擬似ミクロデータを使って指定の図表を SAS または JMP で出力してください。

(エクセルファイルでもダウンロード可能です。)

規定課題の作成結果

規定課題用に作成した全てのSASプログラム (SAS使用の場合)および、作成した規定課題の図表は、「自由課題」用の論文の末尾に、それぞれ「付録1 規定課題用SASプログラム」、「付録2 規定課題図表一覧」と題して収録してください。
なお、SASプログラムはそのままで実行できるスタイルで掲載してください。

自由課題

今年の自由課題は以下のようなテーマを設定しました。

世帯構成の違いによる消費行動の差異をテーマにして、自由に分析し、論文にまとめてください。

なお、研究内容がテーマに沿っていない場合は、エントリーが受理されない場合があります。

  • 論文の狙いがわかりやすいタイトルをつけてください。
  • 分析結果は、A4サイズで12ページ以内(規定課題の付録を含む)の論文にまとめること
  • 論文の体裁については、SASユーザー総会の一般発表の体裁に従うこと
  • 解析の対象とした変数の分布特性に適合した解析方法を選択すること
  • 分析方法の妥当性にも十分配慮すること
  • 分かりやすく、かつ説得力のある図表を使って結果を提示すること
  • 分析過程の主要部分のSASプログラムを「付録3 自由課題SASプログラム」として収録する

審査方法

下記の基準で、作品を評価します。

  • 規定課題 30%、自由課題 70%の割合で評価
  • 規定課題の図表は、見やすく、かつ、作成方法が洗練されているか
  • 自由課題用に作成された解析用データセットのデザインは適切か
  • 提出された論文の完成度、体裁
  • SASプログラムの構成やプログラミング技法、再現性

お申し込み

新擬似ミクロデータの利用について

SAS/JMPによるミクロデータ分析コンテストにエントリーするためには、ダウンロードした新擬似ミクロデータの使用に際し、下記の「新擬似ミクロデータ利用条件」に同意する必要があります。

新擬似ミクロデータ利用条件

  • この提供データはデータコンペ参加グループの代表者がダウンロードすれば、他の参加メンバーもそれを自由に利用できる。
    なお、そのグループ以外の者が新擬似ミクロデータを利用する場合には、この利用条件に同意した上で、自らダウンロードすれば、利用できる。
  • この提供データは、匿名データから作成した集計表から擬似的に作成したミクロデータであるので、学術的実証研究には適さないことを理解した上で利用する。
  • この提供データを利用するに当たっては、「利用上の注意」に従って利用する。
  • 提出レポートには、SASユーザー会世話人有志グループ作成「新擬似ミクロデータ」を利用したことを明示する。

データコンペ応募者用エントリーのお申し込み
メール本文に以下の必要項目をご記入し事務局までお送りください。
一人での応募も可能です。

チーム名:
チーム代表者氏名:
フリガナ:
ご所属団体(社名、または大学(院)名と学年):
電話番号:
勤務先または所属先のメールアドレス:
郵便番号:
都道府県:
住所:
送付先代表者名:
チーム責任者:

FAQ

Q SASソフトウェアにつきまして、SASソフトウェアを持っていないのでお借りすることはできますか。

A SASソフトウェアをお持ちでない方は、無償のSASソフトウェアをご試用ください。SAS無償ソフトウェアについてはこちらをご覧ください。

Back to Top