2021年4月21日(水)開催


DX時代を勝ち抜く現場データ活用方法とヒント

製造業において現場データを活用したDXへの取り組みが加速しており、これまで"理論上可能"と傍観しているだけだった企業も、"実際の取り組み"として推進し始めています。しかしいざ始めてみても、第一歩となるデータ収集で躓く、収集したデータのITシステム連携が難しい、連携しても期待通りの成果を得られない、などいくつものハードルが待ち受けているのが現状です。

このセミナーでは、SAS Institute Japan株式会社、三菱電機株式会社、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社が集まり、これらのハードルを乗り越えてDX時代を勝ち抜いていくためのヒントをそれぞれの経験をもとにご紹介します。またアイティメディア株式会社からMonoist編集長をお迎えし、事例から読み解く成功のポイントをお話しいただきます。

開催概要

  
日時2021年4月21日(水) 14:00~16:40
主催SAS Institute Japan株式会社、三菱電機株式会社、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社の3社共催
会場オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。
内容
  • ご挨拶
  • 現場起点のものづくりDXを実現するe-F@ctory
    (三菱電機株式会社)

    現在の国内製造業が抱えるDXにおける課題解決に向け、弊社のスマート工場ソリューション「e-F@ctory」を活用しDX実現のための要素技術と事例をご紹介いたします。ポイントは、現場(FA/OT)のあらゆるデータを繋げ、上位のITシステムとシームレスに連携する「エッジコンピューティング」です。
    「e-F@ctory」により「現場起点のものづくりDX」を実現します。
  • 実践、品質の安定化に向けた現場データの分析術
    (SAS Institute Japan株式会社)
    これまで捉えきれなかった設備稼働状態や各種の環境因子が手に入り、品質の安定化に寄与する因子を見つけ出したいという原因分析に対するニーズは非常に高まっています。そしてその因子をコントロールし、安定化を図る為の制御への活用も非常に高い関心のテーマになっています。
    "理論上可能"のステージから、"実際の取り組み"として推進されている企業様が増える中、SASからはPLC等の現場データを活用した各種の分析ユースケースをもとに品質管理をより高度に実現する為のデータ活用・分析時のポイントをご紹介します。
  • 生産設備からの確実なデータ収集
    ~勘どころをお教えします~
    (三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 略称:MDIS)

    DXを実現するには、「生産設備から製造データをリアルタイムに収集」「ITシステムへシームレスに連携」「ITシステムで分析・解析した結果を現場へフィードバック」この3点が必要となります。
    しかし、多くのお客様から最初の一歩となる「生産設備からどのようにデータを収集するのか?」とのご質問が多く寄せられます。絶えず変化するPLC上のデータを漏れなく確実に収集し、通信トラブルも考慮した環境を構築する等、製造データ収集の勘どころを、多くのMESシステムの開発を手掛けたMDISがお答えします。
  • スマート工場はなぜ期待通りの成果を生まないのか
    ~事例にみるポイント~
    (アイティメディア株式会社)

    製造業において現場データを活用したスマート工場化への取り組みは加速しています。しかし、期待通りの成果を得られているのは半数以下という調査結果もあり、求める成果が得られていないケースが散見されます。これを乗り越えるためにはどういう点が必要なのか、成功事例からポイントを読み解きます。
  • 質疑応答
参加対象製造業の方
参加費無料(事前登録制)
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

※記載の内容は予告なく変更する場合があります、予めご了承ください。

お申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本ウェビナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 SAS Institute Japan株式会社
 三菱電機株式会社
 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

共催パートナー企業である三菱電機株式会社および三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社に対し、当該パートナー企業の製品・サービスに関しご案内するために、本セミナーの申し込み時に弊社にご提供いただきました申込情報および本アンケートの回答内容を提供いたします。
上記にご同意いただける場合は、「 □ 」マーク欄に「☑ 」チェックしてください。

*
 同意する
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top