2020年7月14日(火)開催

「拡張アナリティクス」それは、分析業務を破壊的に変革する
~AIを知る必要はない、AIが勝手に教えてくれる~

AIや機械学習が多くの企業においてブームとなっているものの、その活用には専門スキルが求められます。機械学習による予測モデルを開発するのはデータサイエンティスト、そのモデルを活用するのはビジネユーザー、という構図では、いつまで経ってもAI民主化は始まりません。

こうした課題を解決することができるテクノロジーとして今「拡張アナリティクス」が注目を集めています。AIや機械学習が組み込まれた分析である「拡張アナリティクス」によって、AIが自動的に分析を実行し、そこから得られた洞察を教えてくれることで、専門スキルを持たないビジネスユーザーでの自律的かつ効果的な分析が実現します。

本ウェビナーでは、AIプラットフォームSAS Viyaに搭載された「拡張アナリティクス」によって、AI活用に不可欠な「データ準備」、「データ探索」、そして「モデル生成」の3つのフェーズにもたらされる破壊的な変革をデモを交えてご紹介します。

開催概要

  
日時2020年7月14日(火)13:00~14:30
※終了時刻が多少前後することがございますので、予めご了承ください。
主催SAS Institute Japan株式会社
会場オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。
内容
  • データ準備作業の効率化・自動化
  • データ探索作業の効率化・自動化:AIストーリーテラー、他
  • データ探索作業の効率化・自動化:自動予測シミュレーション
  • モデル生成の自動化とモデル解釈可能性
  • DX推進の鍵はアナリティクス・ライフサイクル
参加対象

市民データサイエンティスト、ビジネスアナリスト、ビジネスユーザー:

  • BIツールで作成された定型レポートを見ているだけでは、ビジネスインパクトを与えられない
  • AIや機械学習を活用したいが、自身で予測モデルを開発スキルは無い
  • 自動で機械学習モデルが生成されても、それをどう活用すればよいのかが分からない
  • データをモデルに当てはめて予測するってどういうこと?簡単にシミュレーションできればいいのに
  • AIが自動的にデータを分析し、得られた洞察を教えてくれたらうれしいのに

データサイエンティスト:

  • モデル生成に不可欠で煩わしいデータプロファイリングやデータ探索、そしてデータの前処理作業を削減したい
  • モデル生成に不可欠なデータ前処理(変数選択、特徴量エンジニアリング、etc)からモデル生成までを全自動化したい
  • 開発したモデルを現場に活用してもらうために、現場を納得させるためのモデル解釈情報を自動で入手したい
参加費無料(事前登録制)
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

お申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本ウェビナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top