2020年6月11日(木)開催

間違いだらけのAIプラットフォーム選びに終止符
~データサイエンティストの自由度とガバナンスの最適なバランスを実現~

昨今、AI(人工知能)や機械学習がブームとなり、企業におけるデジタルトランスフォーメーションに拍車が掛かっています。

データサイエンティストは、PythonやRなどの好みのオープンソース言語を用いてAIを活用し、予測モデルを開発しています。一方で、ITサイドとしては、このAI活用環境にガバナンスを効かせたいと考えています。

データサイエンティストの自由度とガバナンスの最適なバランスのとれたAIプラットフォームがあれば、ガバナンスによってデータやモデル、そしてプロセスといった各種の分析資産の信頼性を高めた上で、データの準備から予測モデルの生成、そしてモデルの業務への実装に至るアナリティクス・ライフサイクルを素早くかつシームレスに回すことができ、信頼ある結果に基づくビジネス価値創出が実現されます。

43年以上の経験を持つアナリティクスのリーディングカンパニーとして、SASは企業のデジタルトランスフォーメーションを強力に支援しています。本ウェビナーでは、その中核となる AI プラットフォームであるSAS Viya(サス ヴァイヤ)の全貌をご紹介します。

開催概要

  
日時2020年6月11日(木)13:00~14:30
主催SAS Institute Japan株式会社
会場オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。
内容
  • AI 実用化の鍵はアナリティクス・ライフサイクル
  • AI 実用化に不可欠な要素:Data, Discovery, Deployment
  • AI 実用化に不可欠な要素:Governance ~ デモ
参加費無料(事前登録制)
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

お申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本ウェビナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top