SAS Self Service Tool 2018

2020年7月15日(水)開催

製造業向けWebinarシリーズ
研究開発部門の生産性をもっと向上するために必要なこと
~脱属人化、業務効率化で競争力をアップ~

Hero Background Visual Analytics

研究開発部門における生産性の向上は、製造業の競争力確保の重要な鍵となっています。研究開発部門は既存事業への貢献、新事業の創出および外部研究機関との連携など多くの役割を担っていますが、企業内の組織や個人レベルでサイロ化や属人化といった課題を抱えています。
本Webinarでは、デジタル化を通して製造業の研究開発部門の業務効率化や部門間連携に焦点を当てた活用事例を紹介します。さらに、生産性向上におけるアナリティクス要件をお伝えします。

開催概要

  
日時2020年7月15日(水)14:30~15:05
※終了時刻が多少前後することがございますので、予めご了承ください。
主催SAS Institute Japan株式会社
会場オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。
内容
  • 製造業の研究開発部門への期待と課題
  • 研究業務のデジタル化と効率化による生産性向上
  • SASを活用した研究業務の効率化事例
  • 研究開発部門の生産性向上におけるアナリティクス要件
    参加対象
    • 研究開発部門を企業競争力の向上に更に貢献させたい管理部門の方
    • 研究の成果を量産へスピーディーにつなげたい開発・製造部門の方
    • 自身の研究活動の効率をもっと上げたい研究者の方
    参加費無料(事前登録制)
    お問い合わせSASセミナー事務局
    Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
    Email: JPNSASInfo@sas.com

    お申し込み

    下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
    *
    の項目は必ず入力してください。

    *
    *
    *
    *
     
    正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    例)情報システム部
    *
    例)港区六本木
    *
    例)6-10-1
     
    例)六本木ヒルズ森タワー 11階

    下記のアンケートにお答えください

    登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

     
      はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
     
     

    Back to Top