2020年11月4日(水)開催

ModelOpsによるモデル開発と実装のハーモニー
~モデル開発から実装に至るプロセスの標準化と自動化を促進~

AIやアナリティクスを活用しているものの、価値創出に至っていない企業においては、未だにモデル開発ばかりに焦点が当たり、POC倒れに終わり、業務に実装されないケースが後を絶ちません。また、モデルの業務実装までに長期間を要し、多大な工数がかかっているのも実情です。
モデルを開発した後、そのモデルの迅速な業務実装を阻んでいる最大の要因はモデルの業務実装プロセスの欠如とそれに伴うユーザー部門とIT部門間の連携が円滑に進まないことにあります。モデル開発チームとIT部門による実装・運用を密に連携し、モデル開発後のテスト、実装、精度評価、再学習に至るプロセスを標準化し、自動化するためのModelOpsの確立とシステム化が多くの企業で求められています。

このセミナーでは、迅速なモデル実装を阻んでいる課題を明確化した上で、その解決策であるModelOpsを確立し、ビジネス価値創出に至る時間を短縮する術に関して事例を交えてご紹介します。

開催概要

  
日時2020年11月4日(水)13:00~14:30
※終了時刻が多少前後することがございますので、予めご了承ください。
主催SAS Institute Japan株式会社
会場オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。
内容
  • AI実用化の鍵はアナリティクス・ライフサイクル
  • AI実用化の課題と対抗策
  • AI実用化・モデル実装プロセス=ModelOpsの確立とシステム化
  • モデル管理・ガバナンスに基づくModelOpsの確立
    • モデル管理、実装、評価、再学習に至るプロセスの標準化と自動化
  • ModelOps Case Study
  • DX成功の方程式とSASが提供する価値
参加対象
  • AI実用化=モデルの業務実装・活用を検討している方
  • モデルの業務実装プロセスに何かしらの課題を抱えている方
  • モデルの業務実装プロセスを標準化、自動化し、価値創出に至る時間の短縮を望まれている方
参加費無料(事前登録制)
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

お申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本ウェビナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top