SAS Self Service Tool 2018

2020年7月10日(金)開催

SAS Life Science Virtual Forum
~RWD活用のためのデータベースの効率的な運用、知見獲得のための信頼性、効率性、柔軟性~

Hero Background Visual Analytics

RWDの活用が製薬会社において進んでいます。その中で、ビックデータを扱う上でデータマネジメントをいかに効率化するか、あるいは、エビデンスとしての信頼性、仮説探索と検証のサイクルを高速にかつ効率的にするにはどうすべきかといった課題があるのではないでしょうか。また、多数の利用部門の用途や操作性への要件をカバーする柔軟性などが求められているのではないでしょうか。
このWebinarでは、そういった課題や要求を解決するためのヒントをご紹介いたします。

開催概要

  
日時2020年7月10日(金)14:30~15:40
共催SAS Institute Japan株式会社
メディカル・データ・ビジョン株式会社
会場オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。
内容第一部:MDVデータベースの効率的な運用 ~SAS Viyaとの連携による課題解決~
RWDの活用が製薬各社で進行する一方、増え続けるビッグデータにおけるデータマネジメントをいかに効率化するかが課題となっています。本セッションでは、製薬各社からの課題相談に対するMDVの取り組みとSASとの連携事例を紹介します。

第二部:SAS Viya & SAS Health ~RWDからの知見獲得に信頼性、効率性、柔軟性を(仮)
RWDの高度な活用が競争上、必須となる中、エビデンスとしての信頼性、仮説探索と検証のサイクルを高速に回す効率性と、多数の利用部門の用途や操作性への要件をカバーする柔軟性が求められています。
本セッションでは、欧米製薬企業を中心に導入が進む、次世代分析基盤、SAS Viya & SAS Healthをご紹介します。
参加対象
  • RWDの活用に課題を抱える方
  • RWDデータの活用を効率化したい方
参加費無料(事前登録制)
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

お申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本ウェビナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

共催企業であるメディカル・データ・ビジョン株式会社に対し、当該企業の製品・サービスに関しご案内するために、本セミナーの申し込み時に弊社にご提供いただきました申込情報および本アンケートの回答内容を提供いたします。
上記にご同意いただける場合は、「 □ 」マーク欄に「☑ 」チェックしてください。

*
 同意する
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top