2020年8月26日(水)開催

SAS Life Science Virtual Forum

医薬製造における規制の厳格化とITの進化に対応する次世代の品質管理・保証

医薬品製造では、品質に関する規制の厳格化、海外からの原材料調達や製品のグローバル展開、バイオ医薬品生産や連続生産など新たな生産方式の登場に伴い、従来の業務や特定の人材に頼る仕組みでは、高い品質の製品を継続して生産していくことが難しくなっています。
このWebinarでは、大塚製薬様にご登壇いただき、SASプロダクトの導入経緯と以降の開発実運用までの取り組みをご紹介いただきます。また、SASがデータ活用の観点から、品質管理の高度化のために、AIやIoTを活用していけば良いのか国内外、医薬品業界内外の事例を交えてご紹介します。
さらに、医薬品製造業において高いナレッジと経験をもつビジネスエンジニアリング様にもご登壇いただき、製造における規格逸脱(OSS)の予防のためのテクノロジーとその活用事例についてご説明頂きます。
ぜひ、ご参加いただき、課題解決のためのヒントを掴んでください。

開催概要

  
日時2020年8月26日(水)14:00~15:30
※終了時刻が多少前後することがございますので、予めご了承ください。
共催SAS Institute Japan株式会社
ビジネスエンジニアリング株式会社
会場オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。
当日ご欠席の場合も、事前にご登録いただければ、いつでもお好きなタイミングでご視聴いただけます。
内容

第一部:AI・IoTで製造品質の高度化実践のためのポイント
SAS Institute Japan株式会社

製薬における製造の世界では、バイオ医薬品生産や連続生産など、生産方法の変化、品質に関する規制要件の一層の厳格化そして、AIやIoTを活用し、品質管理の高度化への期待が高まっています。長年に渡り、製薬業界及び製造業をデータ活用の観点から支援してきた顧客事例をご紹介しつつ、実践に当たってのポイントをご紹介します。

第二部:医薬品製造におけるIoT/AIの活用事例
ビジネスエンジニアリング株式会社

近年のバイオ医薬品の台頭やジェネリック医薬品の拡大より、医薬品製造は複雑化・多様化しており、そのため医薬品の品質管理は最重要な経営課題となっています。製造における規格逸脱(OSS)を予防のためのIT/IoT/AI 活用は非常に有効であり、本講演ではそれらのテクノロジーと活用事例をご紹介します。

第三部:GMP領域におけるSAS導入経緯とAPQR活用事例。及び今後の展望
大塚製薬株式会社

近年、規制当局からの要求水準の上昇や当局査察の厳格化、海外からの原材料調達や製品のグローバル展開など生産現場を取り巻く環境の大きな変化に伴い、従来の縦割業務、人材に頼る仕組みでは、高い品質の製品を継続して保証していく事が難しくなってきました。この変化に対応するためには、新しいIT技術の導入は必要不可欠である一方で、新規技術の導入においては、プロジェクト ROIの観点から所定の期間内での 明確なプラスの利益が見えにくい事から、プロジェクトの承認自体も困難なケースも多いかと思います。 そこで今回、SASプロダクトの導入経緯と以降の開発実運用までの取り組みを、担当者目線でご紹介し品質管理や生産部門に対して課題解決のためのヒントを掴んでいただければと思います。

参加対象
  • 製薬企業における品質管理、保証、生産技術部門の方
  • IoTやAIを駆使した品質管理、保証を検討されている方
参加費無料(事前登録制)
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

お申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

共催企業であるビジネスエンジニアリング株式会社に対し、当該企業の製品・サービスに関しご案内するために、お申し込み時に弊社にご提供いただきました申込情報および本アンケートの回答内容を提供いたします。
上記にご同意いただける場合は、「 □ 」マーク欄に「☑ 」チェックしてください。

*
 同意する
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top