focused hackers in a hackathon

 

The Analytics Hackathon 2019

ビジネスレベルの本格的ソフトウェアでデータをHackする

2019年6月8日(土)、9日(日)、11日(火)開催

background green

昨今のプログラミング界での大きな話題の一つはなんと言ってもAIやディープラーニングでしょう。大きな可能性を秘めるこのテクノロジーは日進月歩の進化を遂げており、これまでの常識では不可能だったことを現実のものにできると大きな注目を集めています。

そしてこれはビジネスの現場でも同様です。現場で使っているシステムやプロセスにAIを組み合わせることで、在庫最適化や故障予測、不正検知、資源の最適化、金融取引の自動化など、多くの場面でこれまで不可能だったレベルの最適化や自動化がもたらされると期待を集めています。

今回開催するThe Analytics Hackathon 2019はこの2つの世界をつなぐイベントです。

AIのプログラミングを学ぶにあたっては、オープンソースで始める方が大多数でしょう。また既にオープンソースでデータ分析していても、実際の課題解決につながらない、あるいはモデルやアルゴリズムの管理ができず安定的なプロセスを構築できない、と困難を感じている方も多いようです。そんな方々に、数々のビジネスの現場でアナリティクスや機械学習のエンジンとして使われているSAS製品を開放し、ビジネスレベルの本格的ソフトウェアを2日間かけていじり倒していただきます。最優秀賞のチームは2019年9月にラスベガスで開催予定のSAS Analytics Experience 2019にご招待します。使っていただくAIプラットフォーム SAS Viya は、コードを書けない人でもGUIで操作可能です。コーディングの好きな人もコードを書けない人も、グループでまたは個人で、ぜひ参加申し込みください。

 

開催概要

  
日時Day 1: 2019年6月8日(土) 13:00~19:00 (受付開始 12:30~)
Day 2: 2019年6月9日(日) 10:00~18:00 (受付開始 9:30~)
懇親会/表彰式: 2019年6月11日(火) 17:30~(SAS FORUM JAPAN 2019 イベント内)
会場Day 1 およびDay 2:
SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11階
(地図はこちらをご参照ください)
 
懇親会/表彰式:
グランド ハイアット 東京(SAS FORUM JAPAN 2019 会場内)
東京都港区六本木6-10-3
内容(Day1)
  • ルール説明
  • 技術解説
  • チーム別プログラミング
内容(Day2)
  • チーム別プログラミング
  • 発表準備
  • 成果発表(各チーム10分)
  • 審査および結果発表
参加対象データ分析に携わる、または興味のある社会人/学生
※ただし、未成年の方はご参加いただけません
参加費および登録期限無料(事前登録制)
2019年5月10日登録締め切り
定員12チーム(1チーム3人まで)
※ただし、応募者多数の場合は抽選となります
表彰参加チームの中で1つのチームを最優秀賞とし、2019年9月にラスベガスで開催される予定のSAS Analytics Experience 2019にメンバー全員をご招待します。
※ただし、往復の航空運賃および宿泊費、イベント参加費のみ主催者が負担。日本国内におけるご自宅と空港の間の移動、滞在地での移動、また滞在中の食事などに関わる費用はご本人の負担とさせていただきます。
主催SAS Institute Japan株式会社
お問い合わせThe Analytics Hackathon事務局
Email: sas@eventdesk.jp
Young men coding on their notebooks - small image

レギュレーション

  • 本ハッカソンはチーム対抗で競っていただきます。チームは1人から3人までとし、メンバーをあらかじめ決めた上で参加申込みいただきます。
  • 参加申し込みにあたっては、以下のルールを前提とします。
    • 使用ツール:プログラミング言語(PythonやR)またはノンプログラミング(SAS Viya GUIを使用)
    • ライブラリ:最新のViyaライブラリ(SWAT)をベースに、R・Pythonライブラリの使用は所定範囲とする
  • 課題とデータは、Day 1に主催者が発表します。
  • 参加者は、Day 1とDay 2の2日間をかけてプログラミングなどを通じて回答を導き出し、最後にプレゼンテーションを行います。
  • 主催者の審査により1チームを最優秀賞として決定します。
  • 最優秀賞チームは、2019年6月11日(火)のSAS FORUM JAPAN 2019内で表彰します。

SAS FORUM JAPAN 2019 とは?

デジタル技術の活用により既存ビジネスの枠を越え新たな価値を生み出していくデジタル・トランスフォーメーション。その核となるのが、データ分析からインサイトを得るアナリティクスです。1976年の創業以来40年以上にわたりアナリティクスを専業としてきたSASが、プロプライエタリーとオープンソースというソフトウェアの垣根を超えて、アナリティクスをテーマに開催するカンファレンスがSAS FORUM JAPAN 2019です。こちらも是非ご参加ください。

The Analytics Hackathon 2019
参加申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。


代表者の情報

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
例)情報システム部
 


参加者の情報(代表者を除く)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。

応募者多数の場合は、抽選によって参加者を決定させていただきます。抽選結果は2019年5月17日までにご連絡させていただきます。

 
 

Back to Top