Hero Background Visual Analytics

2019年11月29日(金)開催

 

次世代ものづくりの実現に向けたAI、IoT 利活用セミナー

~富士通の社内実践とSASのアドバンスドアナリティクスによる価値創出~


※セミナータイトルが変更となりました。内容に変更はございません。

顧客の要求が多種多様化し、製品開発における品質、スピード、生産現場のオペレーションは高度に複雑化しています。さらには、グローバルな競争も激化しています。その中で、日本の企業が勝ち抜いていくためには、高度なAnalyticsと連動したIoT、AI、自動化、自動制御を進めていくことが不可欠です。このセミナーでは、富士通株式会社より、現場業務における実践事例と導入方法をご紹介します。SASより、IoTにおけるユースケースと顧客事例をご紹介します。

開催概要

  
日時2019年11月29日(金) 14:30~16:50 (受付開始 14:00~)
共催SAS Institute Japan株式会社
富士通株式会社
会場SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11階
(地図はこちらをご参照ください)
内容

オープニング 14:30-14:35
 - 本日のアジェンダ

第一部 14:35-15:15
次世代ものづくりIoT~工場現場におけるIoT適用事例とソリューションのご紹介
富士通株式会社

ものづくりの現場において、多種多様化する顧客の要求や激化するグローバル競争を勝ち抜くために、今求められていることは何でしょうか?工場現場におけるIoTの適用事例とそれを成しえたソリューションについてご紹介します。

第二部 15:15-15:55
製造現場へAI適用、SASにおけるIoTのユースケースと顧客事例
SAS Institute Japan株式会社

モノづくりにおけるIoTの活用はブームから本格的な試行と運用フェーズに入りつつあると捉えています。センサーによるデータ収集にとどまらず、本質的な目的である品質の安定化や生産性の向上を目指すため、データを活用したカイゼンを如何に実現するか、腰を据えて考えておられる企業が増えていると感じます。
本セッションでは、AIの活用例をご紹介するだけではなく、どのような期待効果をAIに求めてプロジェクトを進めたのか、IoTを推進される方へ適切な機能配置を設計頂けるようなヒントをご紹介いたします。

第三部 16:05-16:45
富士通におけるSASソリューション導入について
富士通株式会社

富士通におけるSASソリューションの導入実績と現場適用の進め方、事例をご紹介いたします。

クロージング 16:45-16:50
 - 本日のまとめ

参加対象
  • IoTで売り上げ増加を伸ばすための手法を知りたい方
  • IoTを実装するために何が必要か学びたい方
  • 既存業務に対する高度なAnalytics(AIなど)の適用方法を知りたい方
参加費無料(事前登録制)
定員50名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

共催企業である富士通株式会社に対し、当該パートナー企業の製品・サービスに関しご案内するために、本セミナーの申し込み時に弊社にご提供いただきました申込情報および本アンケートの回答内容を提供いたします。
上記にご同意いただける場合は、「 □ 」マーク欄に「☑ 」チェックしてください。

*
 同意する
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top