SAS Self Service Tool 2018

2019年10月31日(木)開催


デジタルトランスフォーメーション(DX)時代を勝ち抜く!
DX部門&情報システム部門向けAI構築・実践セミナー

この度、アビームコンサルティング株式会社とSAS Institute Japan株式会社主催で『DX時代を勝ち抜く!』と題して、今後のDX組織を支えるAIプラットフォーム”SAS Viya”を活用したAIマネジメントへの提言について講演およびデモを交えたセミナーを開催いたします。
AIの活用は実証実験(PoC)の段階から、いよいよ実務での本格的な利用の段階に入ってきています。このような状況のもとで、DXを迅速かつスムーズに進めるためには、強力な推進力を持ったChief Digital Officer(CDO)の設置が必要であるという認識が広まりつつあります。また、ビッグデータを活用したAI/機械学習による予測や最適化のモデルが役割を果たすためには、適切にモデルを運用・保守していく仕組みが必要です。
本セミナーでは、まさに今から求められる新たな組織・体制のあり方と、実務でのAI利用を支えるプラットフォームに求められる要件を解説いたします。多数の分析モデルを運用・保守していく仕組みとしてAIプラットフォーム”SAS Viya”の概要をご説明し、AI統合管理についてデモを通じ具体的にご理解・実感いただきたいと考えております。ぜひ、ご参加のほどお願いいたします。

開催概要

  
日時2019年10月31日(木) 14:30~16:30 (受付開始 14:00~)
主催アビームコンサルティング株式会社、SAS Institute Japan株式会社
会場●SAS Institute Japan株式会社 本社
東京:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11階
(地図はこちらをご参照ください)
●SAS Institute Japan株式会社 大阪支店
大阪サテライト:大阪市北区堂島浜1-4-16アクア堂島西館12F
(地図はこちらをご参照ください)
内容【プログラム】
1. DX部門及び情報システム部門の果たすべき役割
(アビームコンサルティング P&T Digital ビジネスユニット AIセクター長 執行役員 プリンシパル 室住 淳一)
2. AIプラットフォームに求められる要件と機能
(アビームコンサルティング P&T Digital ビジネスユニット AIセクター シニアコンサルタント 小田 弘明)
3. SAS Viyaのご紹介とAI統合管理について(デモ)
(アビームコンサルティング P&T Digital ビジネスユニット AIセクター シニアエキスパート  谷塚 智和
    アビームコンサルティング P&T Digital ビジネスユニット AIセクター シニアコンサルタント 宮本 朋幸)
※内容は予告なく変更となる場合がございます。
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
参加対象
DX推進組織またはIT部門の方で下記業務について従事または企画検討をされている方
・デジタル戦略策定
・デジタル基盤の企画・構築
・データ・マネジメント、データ・ガバナンス
・AI・機械学習のモデルの実装と実務運用
※当セミナーは、主に企業や自治体などの組織に所属されている方で、SAS製品、およびアビームコンサルティング社のコンサルティングサービスをご利用いただくお客様を対象とさせていただいております。ビジネスパートナー様のご参加はご遠慮いただいておりますのでご了承願います。
参加費無料(事前登録制)
定員東京:50名/大阪サテライト:10名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3018 (受付時間:9:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

主催企業であるアビームコンサルティング株式会社に対し、当該パートナー企業の製品・サービスに関しご案内するために、本セミナーの申し込み時に弊社にご提供いただきました申込情報および本アンケートの回答内容を提供いたします。
上記にご同意いただける場合は、「 □ 」マーク欄に「☑ 」チェックしてください。

*
 同意する
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top