Hero Background Visual Analytics

2018年10月9日(火)開催

 

「今、企業が求めるオープンな AIプラットフォーム」
SAS新製品 ご紹介セミナー

 ~ データサイエンティストからビジネスユーザーまで、誰もが使える AI

昨今、AI(人工知能)や機械学習がブームとなり、企業におけるデータ活用気運が高まってきています。
SASは40年以上の経験を持つアナリティクスのリーディングカンパニーとして、企業が抱える課題を解決し、ビジネス価値を創出するために必須となる、データの準備から予測モデルの生成、そしてモデルの業務への実装に至るアナリティクス・ライフサイクルを素早くかつシームレスに回すために必要な要素が統合された AI プラットフォームを市場に提供しています。

企業が求める最新のAIプラットフォームの主な特長:

  • アナリティクス・ライフサイクル(データの準備~モデルの生成~モデルの業務実装)を素早く回し、ビジネス価値を創出できる唯一のプラットフォーム
  • 機械学習、ディープラーニング、テキスト解析、画像解析、予測、最適化などAI機能を網羅
  • ディープラーニングや機械学習の判断根拠情報の提供
  • グラフィカルUIからセルフサービス型のデータ準備、探索、分析、モデル生成、レポーティングが可能 
  • オンプレでもクラウドでも
  • Python、R、Java、Lua、SASに対応
  • 全ての機能をオープンなREST APIとして公開
  • 最先端のインメモリー並列分散アーキテクチャ
  • 柔軟に拡張&縮小できるスケーラブルなアーキテクチャ  など

本セミナーでは、これらの特長を全て満たした唯一の AI プラットフォームであるSAS Viya(サス ヴァイヤ)の全貌をご紹介します。

開催概要

  
日時2018年10月9日(火) 14:00~16:15 (受付開始 13:30~)
主催SAS Institute Japan株式会社
会場SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11階
(地図はこちらをご参照ください)
内容【プログラム】
  • 分析テクノロジーのポジショニング
  • SASのアナリティクス市場評価
  • アナリティクス活用とビジネス価値創出の課題
  • 課題解決に不可欠な要素:アナリティクス・ライフサイクルとは
  • AI プラットフォーム SAS Viyaの特長
  • SAS Viya:導入事例
  • SAS Viya:デモ
    - Python、R、SAS言語によるモデリング
    - 統合GUI上で実現できるアナリティクス・ライフサイクル
  • SAS Viya:特定分野別デモ
    - 画像認識/分類 ~ディープラーニング:CNN活用~
    - 異常検知 ~教師無し機械学習の3つの手法~
    - リアルタイム異常検知&レポーティング
  • まとめ:SAS Viya活用のメリット
  • SAS Viya特設サイト、無償体感プログラム 紹介
参加対象
  • AIに関わるすべての責任者、ご担当者
※ 同業社などからのお申込はお断りさせて頂く場合がありますので予めご了承ください。
参加費無料(事前登録制)
定員40名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3700 (受付時間:10:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
 
*
*
*
 
正式社名をカタカナでスペースを含めず入力してください。例:サスインスティチュートジャパン
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 具体的に製品の導入を検討している
 情報収集
 SAS製品は導入済みだが勉強のため
 その他
 
 
(全角255文字以内で ご自由にご記入ください)

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top