Hero Background Visual Analytics

2018年8月8日(水)開催

 

ストレスフリーな新世代型セルフサービスBI
ソリューションのご紹介

~ユーザー自身がいつでも、どこでも、安心してデータへアクセスし、
見たい切り口で自由に分析が可能!~

すでに様々な企業で導入されているBI(Business Intelligence)ツール。しかし、従来のBIでは、新しいレポートや分析軸を追加したい際に、都度IT部門に依頼をして結果が出てくるのを長い時間待つ必要がありました。一方、近年導入が進んできているユーザーお任せ型セルフサービスBIでは、データの出所が不明であったり品質が担保されないため、情報の信憑性が低いという課題も顕在化してきています。

さらに、過去を単純に集計し、視点を切り替えて見るだけの従来型BI機能だけでは、この厳しい情勢を乗り切るのが難しくなってきています。そこで、多くの企業が先を見通すためにアナリティクス(機械学習やAI)を活用し始めています。

本セミナーでは、これまでのBIツールの課題を解消でき、アナリティクスへの一歩を特別な知識なしに踏み出せる、新世代BI製品「SAS Visual Analytics」と、データの利活用を更に促進させるために大変重要になってくるデータマネジメントの必須機能を中心に、デモンストレーションを交えてご紹介します。

【こんな方に、オススメのセミナーです】

■従来型BIツールに対して以下のような課題を抱えている(ビジネスユーザー)

  • 使い勝手が難しい
  • 定型帳票(定型レポート)閲覧手段としてでしか活用されていない
  • Excelで二次加工するためのデータ抽出手段になってしまっている
  • データ量が多くなればなるほどパフォーマンスが遅くなる
  • パワーユーザーでないと非定型データ検索には使えない
  • 一般のビジネスユーザーにも簡単に扱えるBIツールが必要だ(セルフサービス型BIの実現)
  • ストレスの無いパフォーマンスで大量データに対する集計や分析を行いたい
  • もっと見栄えの良い(ビジュアライズに長けている)ダッシュボードを活用したい
  • モバイルでもレポートやダッシュボードを共有し活用したい
  • データの出所が不明で情報の信憑性が低い

■従来型BIツールに対して以下のような課題を抱えている(IT部門)

  • パフォーマンスを改善するためのデータマート(集計テーブル)生成の工数を削減したい
  • OLAP(多次元分析)のためにキューブを定義、生成、メンテナンスはもうしたくない
  • 利用ユーザー数課金ではなく、サーバー課金でユーザー数は無制限のBIツールを探している

■アナリティクス(統計分析)に関しては初心者だ。これからアナリティクスを始めてみたい。

  • ”過去の見える化”だけの状況から脱皮し、アナリティクスへの一歩を踏み出したい
  • 専門的な知識なしで簡単にアナリティクスを活用してみたい

■アナリティクスを十分に活用している方

  • アナリティクス(統計分析)のための事前データ探索をもっとサクサク行いたい
  • 本来対象とすべき全てのデータに対する高速な探索が必要

開催概要

  
日時2018年8月8日(水)14:00~16:00 (受付開始 13:30~)
主催SAS Institute Japan株式会社
会場SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11階
(地図はこちらをご参照ください)
内容

【プログラム】

  • 会社紹介/SASの統合分析基盤
  • 直面する従来型BIとセルフサービスBIの課題とは
  • SASが提案するマネージド・セルフサービスBIのアプローチについて
  • SAS® Visual Analyticsのご紹介
  • SAS® Data Managementのご紹介
  • 導入事例
  • ビジネスアナリティクスの分析基盤構築にむけて
参加対象
  • IT企画/戦略、経営企画、マーケティング部門の方
  • より有益かつ効率的にデータを活用されたい方
  • データ分析環境で課題を抱えられている方
参加費無料(事前登録制)
定員50名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-6434-3700 (受付時間:10:00-17:00)
Email: JPNSASInfo@sas.com

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
 
 
*
*
 
正式社名をカタカナでスペースを含めず入力してください。例:サスインスティチュートジャパン
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 具体的に製品の導入を検討している
 情報収集
 SAS製品は導入済みだが勉強のため
 その他
 
 
(全角255文字以内で ご自由にご記入ください)

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

Back to Top