Hero Background Visual Analytics

2017年9月28日(木)開催

個人情報利活用の要となる
匿名加工化の流れと最新技術動向

~改正個人情報保護法とGDPRを見据えて~

 

今すぐお申し込み

改正個人情報保護法により、適切な匿名加工技術を適用することで、個人情報の利活用が現実的になってきました。
本セミナーでは、現在の法規制の流れと匿名加工技術、SASによる個人情報保護実現方法の概要をご説明し、さらに、統計数理研究所 南先生をお招きし、匿名化を安全に実現するための実践的技術を解説頂きます。

開催概要

  
日時2017年9月28日(木) 14:30~16:20 (受付開始 14:00~)
主催SAS Institute Japan株式会社
会場SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11 階
(地図はこちらをご参照ください)
内容【プログラム】

1.そのデータ大丈夫ですか? ~匿名加工技術を利用したプライバシー保護と法規制対策~
個人情報の扱いに関して大きな動きがグローバルで進んでいます。EUではGeneral Data Protection Regulation (GDPR)が進み、日本では5月より改正個人情報保護法が施行されました。
日本では個人情報を十分に加工すれば2次利用可能となり、データ活用の大きなうねりとなってきています。
一方、まだ法規制への認識、対応はこれからと言う段階であり、本講演ではSASを活用した匿名加工技術をご紹介し、法規制を分かりやすく解説し、問題のないデータ活用をご紹介いたします。

講師:SAS Institute Japan株式会社
 

2.匿名化データの安全性指標と秘匿処理手法
安全な匿名化データの作成には、個人の識別子情報(名前、ID等)の削除だけでは十分ではなく、既に流通している外部情報とのリンケージを防ぐための追加の秘匿処理が必要になります。本講演では、匿名化データの安全性を判断するための代表的な指標を紹介し、安全性要件を満たす匿名化データを作成するための秘匿処理アルゴリズムの概要を解説します。

講師:統計数理研究所 モデリング研究系 准教授
   総合研究大学院 大学統計科学専攻 准教授
         南 和宏 氏

参加対象
  • マーケティング、営業、IT部門など、個人情報を取り扱っている部門の方
    ※参加対象外の方からのお申込はお断りさせて頂く場合があります。予めご了承ください。
参加費無料(事前登録制)
定員50名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-4530-6300 (受付時間:10:00-18:00)
Email: sas-event@seminar.jp

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本セミナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
 
*
*
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 具体的に製品の導入を検討している
 情報収集
 SAS製品は導入済みだが勉強のため
 その他
 
 
(全角255文字以内で ご自由にご記入ください)

 

以下をお読みいただき、これに同意される方のみ次のステップへ進んでください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • 申し込みされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。
 
 

Back to Top