Hero Background Visual Analytics

2017年11月20日(月)開催

SAS大学IR業務における
データ分析、活用ワークショップ

~ SASユーザーによるIR業務におけるデータ分析・活用の先進的取り組みのご紹介と、入学から卒業までの学生情報のサンプルデータを利用したデータ分析や活用方法を体感して頂きます。 ~

今すぐお申し込み

第一部では、2年前にSASを導入頂いた相愛大学様のIRは、学長の強いリーダーシップと教職員協働ワーキンググループのもと、先進的な取り組みを実施されています。その歩みについて、ご講演頂きます。

第二部では、山形大学・大正大学でSASを導入し、学生情報分析システムを構築した福島真司教授によるワークショップです。入学から卒業までの一貫した学生データ(デモデータ)を、Visual Analytics上に展開し、実際にiPadを操作しながら、学生データを活用して、改革改善策を策定する実践的なデータ・コミュニケーション・プロセスを体感する内容です。

開催概要

  
日時2017年11月20日(月) 13:00~18:00 (受付開始 12:30~)
主催SAS Institute Japan株式会社
会場SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11 階
(地図はこちらをご参照ください)
内容

【内容】

1. テーマ:相愛大学におけるIR活動の歩み
  ~教学、経営、広報戦略に資するIRのためのVisual Analytics導入と分析考察、多変量解析にいたるまでの道のり ~
  講演者:林 康宏氏
                    相愛大学 広報・情報センター事務室 事務長
    
2. テーマ:IRシステムを活用し、EM視点で改善の“集合知”を創りだすデータ・コミュニケーション演習
  進 行:福島 真司氏
                    大正大学 学長補佐(質保証推進担当)
                    エンロールメント・マネジメント研究所 所長

参加対象高等教育機関で、主にIR業務を担当されている教職員の皆様
※ 参加対象外の方からのお申込はお断りさせて頂く場合があります。
  予めご了承ください。
参加費無料(事前登録制)
定員30名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-4530-6300 (受付時間:10:00-18:00)
Email: sas-event@seminar.jp

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本セミナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
 
*
*
 
正式社名をカタカナでスペースを含めず入力してください。例:サスインスティチュートジャパン
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 具体的に製品の導入を検討している
 情報収集
 SAS製品は導入済みだが勉強のため
 その他
 
 
(全角255文字以内で ご自由にご記入ください)

 

以下をお読みいただき、これに同意される方のみ次のステップへ進んでください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • 申し込みされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。
 
 

Back to Top