Hero Background Visual Analytics

2017年11月13日(月)開催

 

ビジネスアナリティクスを促進する
SASのマネージド・セルフサービスBIのご紹介

 

今すぐお申し込み

ビジネスユーザー自身で容易にデータを活用できるセルフサービス型BIツールの導入が進んでいます。データの準備から最終的なレポーティングを簡易的にビジュアライゼーションできることによりビジネスデータの見える化は高まりつつあります。また、ビジュアライゼーションを活用した簡易的な分析を行うビジネスユーザーは、市民データサイエンティスト化しており業務の高度化が進む一方、自由度が高まることによる弊害も危惧しなければなりません。

例えば、直近した課題解決を早期解消するためにデータストアの分散、マスタデータの散在、部門ごとのルール策定などの課題が積み重なり、プロセスや結果のガバナンス(統制)が必要とされてきています。

本セミナーでは、SASによるガバナンス環境下でのセルフサービスBIのアプローチ、「マネージド・セルフサービスBI」をテーマに、弊社のソリューションをご紹介いたします。

開催概要

  
日時2017年11月13日(月)14:00~16:00 (受付開始 13:30~)
主催SAS Institute Japan株式会社
会場SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11 階
(地図はこちらをご参照ください)
内容

【プログラム】

  • 会社紹介/SASの統合分析基盤
  • 直面する従来型BIとセルフサービスBIの課題とは
  • SASが提案するマネージド・セルフサービスBIのアプローチについて
  • SAS® Visual Analyticsのご紹介
  • SAS® Data Managementのご紹介
  • 導入事例
  • ビジネスアナリティクスの分析基盤構築にむけて
参加対象
  • IT企画/戦略、経営企画、マーケティング部門の方
  • より有益かつ効率的にデータを活用されたい方
  • データ分析環境で課題を抱えられている方
参加費無料(事前登録制)
定員50名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-4530-6300 (受付時間:10:00-18:00)
Email: sas-event@seminar.jp

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
 
*
*
 
正式社名をカタカナでスペースを含めず入力してください。例:サスインスティチュートジャパン
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 具体的に製品の導入を検討している
 情報収集
 SAS製品は導入済みだが勉強のため
 その他
 
 
(全角255文字以内で ご自由にご記入ください)

 

以下をお読みいただき、これに同意される方のみ次のステップへ進んでください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • 申し込みされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。
 
 

Back to Top