Hero Background Visual Analytics

2017年10月30日(月)開催

SAS Analytics for IoTセミナー

~蓄積したIoTデータから、業務へ価値をもたらす為の活用法のご紹介~

今すぐお申し込み

IoTによる新ビジネス創出や、既存ビジネスの効率化を目指す中で、センサーを取り付け取得可能な情報を大幅に増やす取組みは既に多くの企業が着手済みとなりつつあります。

一方でこれらのデータの活用法を模索している企業が今非常に増えています。簡単な見える化ツールでは傾向を捉えたくてもデータ量の膨大さ、複合的なデータ間の傾向は掴めません。最終的にIoTでビジネス競争力を強化したいと考えた目標も霞んでしまう、そのような課題を抱えている企業が多いと考えます。

本セミナーでは、SASが提供するAnalyticsソリューションが、データからの価値の創出の為に必要な、AI技術の利用法、そしてそれらをリアルタイムに利用する方法やその運用方法を含めた“IoTデータの活用方法”をご紹介します。

開催概要

  
日時
2017年10月30日(月) 14:00~16:00 (受付開始 13:30~)
主催
SAS Institute Japan株式会社
会場
SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11 階
(地図はこちらをご参照ください)
内容【プログラム】
1. 会社概要
2. IoTデータの活用における課題
3. IoTアナリティクスを実現するSASソリューション
4. SASが提供するIoTアナリティクス・ライフサイクルにより実現できる価値
 4-1. 事例紹介
 4-2. SAS製品の紹介とリファレンスアーキテクチャ
 4-3. デモによる紹介
5. IoTアナリティクスを実現するプロジェクトでの勘所
6. 本日のまとめ

 

参加対象
  • IoTの取組みで蓄積したデータの活用方法を悩んでいる方
  • 分析をIoTの世界にどのように活用するべきか、参考となる構成を模索している方
  • リアルタイム処理の適用を模索しているビジネス企画の方
  • FAとの違いに悶々としているシステム担当者
※参加対象外の方からのお申込はお断りさせて頂く場合があります。
 予めご了承ください。
参加費無料(事前al;"
定員100名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-4530-6300 (受付時間:10:00-18:00)
Email: sas-event@seminar.jp

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

□■ 本セミナーのお申込み受付は終了しました。■□

 
*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
 
*
*
 
正式社名をカタカナでスペースを含めず入力してください。例:サスインスティチュートジャパン
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 具体的に製品の導入を検討している
 情報収集
 SAS製品は導入済みだが勉強のため
 その他
 
 
(全角255文字以内で ご自由にご記入ください)

 

以下をお読みいただき、これに同意される方のみ次のステップへ進んでください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • 申し込みされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。
 
 

Back to Top