Hero Background Visual Analytics

2017年11月29日(水)開催

データ分析担当者向けアナリティクスの課題解決セミナー

~これで解決!アナリティクスのビジネス活用レベルを進化する為のSASによるアプローチ~

今すぐお申し込み

IoTやAIといった昨今注目を集める技術要素に紐づいて、データから価値を生み出すためのアナリティクスに対する関心度が非常に高まっています。しかし一方で、機械学習や予測モデルを利用し始めてみたものの、業務への適用や運用方法、精度をどう向上させればよいかといった面で課題をお持ちの企業も多いと考えます。

当セミナーでは、セグメント別モデリングやモデルマネジメント、デシジョンマネジメントのご紹介、及び、モデル精度を向上させるための考え方をご紹介した上で、アナリティクスをビジネスに活かすためのポイントをご説明させていただきます。

<こんな課題を持ちの方におススメです。>

  • モデリングツールは導入したが予測精度が低く業務部門で不評である
  • 社内からのリクエストが多く、予測モデルはたくさん作ったが、その後放置してしまっている
  • 分析モデルを作ってみたが、システム化に至っていない

開催概要

  
日時
2017年11月29日(水) 15:00~17:00 (受付開始 14:30~)
主催
SAS Institute Japan株式会社
会場
SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11 階
(地図はこちらをご参照ください)
内容【プログラム】
  • 会社概要とSASシステムの特長
  • アナリティクスにおける課題を解決するためのポイント
  • セグメント別モデリング及びモデルマネジメントの考え方ご紹介
  • AI技術をビジネス適用するポイント
  • 成功事例のご紹介
  • アナリティクス・ライフサイクルを実現するポイント
    ~デモを通じたSASによる実現方法のご紹介~
  • 本日のセミナーのまとめ
参加対象
  • 機械学習や予測モデルを利用し始めているが、運用方法や精度についてお悩みを抱えている方、また、企業全体での活用方法を検討されているご担当者
  • 分析を担当されている部門の責任者の方
※参加対象外の方からのお申込はお断りさせて頂く場合があります。
 予めご了承ください。
参加費無料(事前登録制)
定員100名
お問い合わせSASセミナー事務局
Tel : 03-4530-6300 (受付時間:10:00-18:00)
Email: sas-event@seminar.jp

セミナーお申し込み

下記のお申し込みフォームにご記入の上、末尾の「確認」ボタンを押してお申し込みください。
*
の項目は必ず入力してください。

*
*
*
*
 
正式社名を入力してください。例:SAS Institute Japan株式会社
*
*
*
 
*
*
 
正式社名をカタカナでスペースを含めず入力してください。例:サスインスティチュートジャパン
*
例)情報システム部
*
例)港区六本木
*
例)6-10-1
 
例)六本木ヒルズ森タワー 11階

下記のアンケートにお答えください

 
 具体的に製品の導入を検討している
 情報収集
 SAS製品は導入済みだが勉強のため
 その他
 
 
(全角255文字以内で ご自由にご記入ください)

 

以下をお読みいただき、これに同意される方のみ次のステップへ進んでください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • 申し込みされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。
 
 

Back to Top