SAS® プログラミング3:上級テクニックと効率化  (3日間)

お客様の声

178,200円(本体価格 165,000円)/チケット捺印数:3

受講対象

経験豊かなSASプログラマー

前提知識

本コースはSAS初心者には適していません。本コースの受講には、少なくとも9か月以上のSASプログラミング経験か、「SASプログラミング2:データ加工テクニック」コースの受講が必要です。特に次のことが必要になります。

 ・お使いのオペレーティング・システム上のファイル構造を理解し、基本的なオペレーティング・システムのタスクを実行できること
 ・プログラミング・ロジックの概念を理解していること
 ・DATAステップのコンパイル・プロセスと実行プロセスを理解していること
 ・異なる種類の入力を使用して、外部ファイルからSASデータセットを作成できること
 ・SASを使用してSASデータ・ライブラリにアクセスできること
 ・SAS日付値を作成し、利用できること
 ・SASデータセットの読み込み、縦結合、マージ、マッチマージし、インターリーブができること
 ・DROP=、KEEP=、RENAME=データセット・オプションを利用できること
 ・複数の出力データセットを作成できること
 ・配列処理とDOループを使用して、繰り返しデータ処理ができること
 ・SAS関数を使用して、データ加工や変換ができること

学習内容

本コースは、分析のためのデータを準備するSASプログラマー向けです。加工テクニックの比較やリソースコストの利点の比較は、プログラマーがデータの状況に応じて最も適したテクニックを選べるように構成されています。

・メモリ、I/O、CPUリソースの制御
・インデックスの作成と利用
・データの縦方向、横方向への結合
・HashやHiter DATAステップ・コンポーネント・オブジェクト、配列、出力形式のルックアップ・テーブルとしての利用
・SASデータセットの圧縮
・SASデータセットのサンプル抽出

本コースは、SAS認定試験「SAS 認定プロフェッショナル Advanced Programmer for SAS 9」の準備にも適しています。

コンテンツ

■イントロダクション
・コース概要
・効率化の測定
・SAS DATAステップ処理
■I/O処理とメモリの制御
・I/Oの制御
・データセット・サイズの制御
・メモリの制御(自己学習)
・SASデータセットの圧縮
・ページサイズと利用可能なバッファ数の制御(自己学習)
■オブザベーションのアクセス
・インデックスの作成
・インデックスの利用
・一意のオブザベーションの選択
・サンプル・データセットの作成 (自己学習)
・Perl正規表現の利用(自己学習)
■マッチデータのためのルックアップ・テーブルの利用:配列
・ルックアップ・テクニック イントロダクション
・ルックアップ・テーブルとしての1次元配列の利用
・ルックアップ・テーブルとしての多次元配列の利用
・SASデータセットからの多次元配列のロード
■マッチデータのためのルックアップ・テーブルの利用:ハッシュ・オブジェクト
・ハッシュ・オブジェクトのメソッドの利用
・SASデータセットからのデータのハッシュ・オブジェクトのロード
・チェーン・ルックアップのためのハッシュ・オブジェクトの利用(自己学習)
・DATAステップHiterオブジェクトの利用(自己学習)
■マッチデータのためのルックアップ・テーブルの利用:出力形式
・ルックアップ・テーブルとしての出力形式の利用
・PICTURE出力形式の利用
■マッチデータのためのルックアップ・テーブルの利用:データの横結合
・DATAステップマージとSQLプロシジャ結合
・インデックスを使用したデータの組み合わせ
・要約データと詳細データの組み合わせ
・条件付きデータの組み合わせ(自己学習)
■SASデータセットの並べ替え
・並べ替えのリソース
・BYグループ処理
■プログラムの効率化
・柔軟なプログラムの記述:ローデータ・ファイルの縦結合
・ビューの作成
・FILEステートメントとPUTステートメントを利用したSASプログラム・ファイルの作成
・FCMPプロシジャの利用
■SASセッションのカスタマイズ(自己学習)
・構成ファイルの編集
・Autoexec.sasファイルの作成
・SAS®レジストリの利用

対象プロダクト

Base SAS®

お客様の声

【業種】
ライフサイエンス
【コメント】
SASの動作を詳しく知るとともに、効率化を図るには何をしたらよいのかなどといったことが習得できて非常に良かった。メモリ管理など、いろんな観点で気づきがあった。
【業種】
サービス
【コメント】
前提となる知識の部分まで丁寧に説明いただき、とても分かりやすかったです。このコースの良かった点は、様々なデータ加工テクニックを知ることができ、パフォーマンスチューニング時の引き出しが増えた。