SAS® Enterprise Guide®:SASプログラミングへのステップアップ
(2日間)

118,800円(本体価格 110,000円)/チケット捺印数:2

受講対象

SAS Enterprise Guideのユーザーで、SASプログラムのコーディングや、SAS Enterprise Guideによって生成されるSASコードの修正について学習し、製品の利用価値を高めたい方

前提知識

SAS Enterprise Guide1:クエリとレポーティング」を受講済みか、同程度の知識のある方

学習内容

本コースは、SAS Enterprise Guideを使用してSASプログラミングを行う方法を紹介します。

・SAS Enterprise GuideとSASプログラムの連携による分析方法
・SASプログラムの構造と構文
・DATAステップを使用したSASデータセットの加工
・DATAステップを使用した区切り記号付きテキストファイルの読み込み
・DATAステップを使用したテーブルのマージ、マッチする行やマッチしない行の分離
・SAS Enterprise Guideによって生成されるコードを編集した、タスク出力のカスタマイズ

本コースは、SASプログラミングへの導入となるコースで、「SASプログラミング2:データ加工テクニック」コースの前提となります。

コンテンツ

■ なぜSASプログラミングを学習するのか?
・コース概要
・SAS Enterprise Guideの基礎の復習
・SASプログラミングを理解することの利点
・SAS Programmingの基本
■SASプログラミングの基本
・SASプログラム イントロダクション
・SASプログラミングの概念
・構文エラーの診断と修正
・SASライブラリへのアクセス
・リレーショナルデータベースへのアクセス(自己学習)
■ SASデータセットの読み込み
・DATAステップとフィルタとクエリタスクの比較
・DATAステップの基本
・DATAステップの処理
・条件付き処理
・その他の演算子と出力形式(自己学習)
■ 生データファイルの読み込み
・区切り記号付きデータの読み込み
・データエラーの調査
・PDVでの値の保持(自己学習)
■ SASデータセットの組み合わせ
・DATAステップを使用したデータのマージ
・データの連結
・データの追加(自己学習)
■ タスクによって生成されるコードの拡張
・生成されたコードの理解
・生成されたコードとの対話
・ヘルプの利用(自己学習)
■ 出力コンテンツの制御
・タイトルやフットノートの拡張
・コードによる実行時プロンプトの利用
・条件によるハイライト
■ 出力の種類の制御
・アウトプット・デリバリー・システム(Output Delivery System)
・HTML出力のカスタマイズ
・RTF出力のカスタマイズ
・PDF出力のカスタマイズ

対象プロダクト

Base SAS®、SAS Enterprise Guide