SAS | The Power to Know
Blue radiance
マーケティング・アナリティクスと人工知能の融合
ホワイトペーパー

マーケティング・アナリティクスと人工知能の融合

内容

AI研究には数十年の歴史がありますが、データの規模と多様性が拡大し続けており、処理能力とデータ・ストレージを迅速かつ経済的に展開/拡張する手段としてのクラウドの普及も進んだことから、近年、改めて大きな注目を浴びています。AIとそのサブコンポーネント(機械学習、コグニティブ・コンピューティング、ディープ・ラーニングなど)は今や、業種を問わず幅広い企業や組織のさまざまな部門が利用するアナリティクス機能に組み込まれつつあります。

このホワイトペーパでは、マーケティング・アナリティクスを強化するために、また、顧客理解とカスタマー・エクスペリエンスの両面の向上を促進するために、企業がAIをどのように活用できるかを検討します。また、企業が現行の取り組みを有効活用してマーケティングの実効性をさらに高める方法についても、実践的なアドバイスを提供します。

目次

  • AIと活用支援テクノロジー
  • 6つの戦略
    戦略1 機械学習と自動化を用いて、リアルタイムの意思決定管理とネクスト・ベスト・オファー/アクションの提示を実現する

    戦略2 AIと機械学習を活用し、クロスセル/アップセルの成功率を高める

    戦略3 コグニティブ・コンピューティングとセンチメント分析により、顧客の声に対する理解を改善する

    戦略4 コグニティブ・コンピューティングと自然言語処理を用いて、顧客サービス/サポート部門の業務力を高める

    戦略5 WEBアナリティクスをデジタル・インテリジェンスに変換する

    戦略6 アナリティクスと機械学習を駆使してマーケティングを最適化する
  • 結論 今こそ前進の時

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top