SAS | The Power to Know
Blue radiance
不正・無駄・濫用対策による財政赤字の削減
ホワイトペーパー

不正・無駄・濫用対策による財政赤字の削減
公的制度に対する不正の検知・防止を目的とした組織的なアプローチ

 

 

 

内容

公的制度で起こりうる、不正、無駄、濫用といった問題の状況は、かつてないほど深刻さを増しています。官公庁を狙う詐欺行為の件数は急増し、過去最高を更新しています。業界の調査によると、不正、無駄、濫用の合計額は、既に公的制度による支出全体の約10%を占めています。
各地における危機的な財政状況を考えると、こうした損失は受け入れ難いものです。これは財政赤字を不当に膨れ上がらせ、選挙で選ばれる政治家たちは、こうした赤字を解消するために増税、あるいは制度自体の廃止を迫られることになります。どちらも、有権者にとって望ましい選択肢ではありません。
しかし、不正、無駄、濫用を取り除くことで赤字を最小限に抑えられるとしたら、どうでしょうか?財政赤字を解消する方法としては見過ごされがちですが、先見の明を備えた指導者は既にこの取り組みを始めています。その方法とは、巧妙化する手口にも対応できるように設計された最先端の不正検知プログラムを組織全体で導入することです。
本ホワイトペーパーでは、公的制度に対する不正の検知・防止を目的とした組織的なアプローチについて解説します。

 

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top