SAS | The Power to Know
ビッグデータアナリティクス:CIOが今知っておくべき将来のアーキテクチャ、スキル、ロードマップ
ホワイトペーパー

ビッグデータアナリティクス:
CIOが今知っておくべき将来のアーキテクチャ、スキル、ロードマップ

内容

「ビッグデータ時代」が到来しています。ペタバイト規模のデータウェアハウス、ソーシャルメディア上の会話、各種のセンターから発生するリアルタイムのデータフィード、地理空間情報など、さまざまな新しいデータソースの出現によって企業は幅広い課題に直面していますが、これは同時に大きなチャンスでもあります。
IDCの調査によると、従来のデータベースやアーキテクチャでは対応できない膨大なデータセットを用いた処理/発見/分析に必要となる新しいテクノロジーをCIOが採用し始めています。そして、企業が生成するデータはその量、高速性、多様性のすべての面で増大し続けており、そうしたデータに対応したハイエンドの分析機能、つまり「ビッグデータ・アナリティクス」こそが真の価値を引き出すと、IDCでは確信しています。

このホワイトペーパーの目的は、ビッグデータが初期段階で企業組織、とりわけIT部門に及ぼす影響を明らかにすることです。そして、この影響が及ぼす結果として避けて通れなくなるのが、アーキテクチャ、提供モデル、将来に向けたロードマップの見直しです。
そこで本書では、次の領域について詳しく検討していきます。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top