SAS | The Power to Know
Blue radiance
個人識別可能情報(PII)の保護策の実践:SAS Data Managementを個人データ保護に活用する方法
ホワイトペーパー

個人識別可能情報(PII)の保護策の実践:
SAS® Data Managementを個人データ保護に活用する方法

内容

デジタル時代の今、個人データ、すなわち「個人情報」の保護が多くの組織において最優先事項となっています。
こうした動きの推進要因の一端には、モノのインターネット(IoT)やクラウド・コンピューティングといった、テクノロジー動向があります。そして個人データの保護を目的とした厳格な法規制の出現、それがもう1つの要因です。

既に多くの組織が注目しているように、特定のコンプライアンス違反に対しては非常に高い罰金が科される恐れがあります。
こうした事実を踏まえ、多くの組織では今、個人情報に関する自社のポリシー、手続き、テクノロジーを注意深く見直す取り組みが進行中です。

本ホワイトペーパーでは、個人データ保護規制に対応したSAS製品の概要をご紹介致します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top