SAS | The Power to Know
Blue radiance
効果的な不正管理
ホワイトペーパー

効果的な不正管理
既存の運用モデルを超えて

 

 

 

内容

膨らませたゴム風船を手で押し潰すと、中の空気は逃げていきます。しかし、空気そのものがなくなってしまうわけではありません。単に抵抗の少ない別の場所に移動するだけです。
同様に、ビジネスのある領域で変化を起こす(圧力をかけて問題の解決を迫る)と、別の領域で想定外の問題が発生することがあります。金融機関の不正対策部門は、この風船効果という現象を嫌というほど経験しています。コールセンターの統制を強化すれば、バンキング・センターでの不正行為が急増します。次にバンキング・センターに対する統制を強化すると、今度は不正なATM取引が急増します。つまり、ある問題を押し潰しても別の場所に移るだけで、問題そのものがなくなるわけではありません。
本ホワイトペーパーでは、既存の運用モデルを超えて効果的な不正管理を行う方法についてご説明します。

 

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top