SAS | The Power to Know
Blue radiance
データマイニング A to Z
ホワイトペーパー

データマイニングA to Z:

ビジネスに役立てるために検討すべきポイントとは?

内容

膨大なデータ、そして次々に迫られる意思決定。今や世界中の企業や組織がこのジレンマと格闘しています。データ量は成長する一方ですが、そうした大量のデータにもとづいて意思決定を行う企業や組織の能力はどうでしょう?成長しているのでしょうか?残念ながら多くの場合、答えは「ノー」です。

データは、かつてないスピードと量で、あらゆるところから流れ込んできます。しかし、大量のデータがありさえすれば事実にもとづく意思決定が行える、というわけではありません。実際、大量のデータは判断力を麻痺させる要因となりかねません。そもそも、どこから手を付ければよいのでしょう?企業や組織の成功は、全てのデータから洞察を素早く獲得し、それを活かして適切な行動を追求する取り組みを組織全体で実施できるかどうかにかかっています。

そうした取り組みで重要になるのが予測分析、データマイニング、機械学習、意思決定管理です。予測分析は、将来に何が起こるかを評価するために役立ちます。データマイニングは、将来の行動の予測に活用できる隠れたパターンをデータから発掘します。企業、科学者、官公庁ではデータをプロアクティブ(能動的)な洞察に変換するために何年も前からデータマイニングが活用されています。意思決定管理は、得られた洞察から業務プロセス向けのアクションを導き出します。これらのアプローチは今でも有効ですが、利用可能な最先端の手法をを駆使し、より高速かつ大規模に実行する必要性が高まっています。

本ホワイトペーパーでは、このような状況の中でデータマイニングのメリットを効果的かつ持続的にビジネスに利用するためにどうすべきか、最新の方法を詳しく解説します。

 

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top