SAS | The Power to Know
事業特性に即したストレステストのベストプラクティス
ホワイトペーパー

事業特性に即したストレステストのベストプラクティス
~銀行におけるリスク管理の最前線からのアドバイス~

 

 

 

内容

確かな情報に基づいて事業計画を立案し、戦略的な意思決定を行うためには、適切なリスク管理情報が極めて重要です。

銀行の経営陣がストレステストに対して規制要件への対応のみに集中した「必要事項のみをチェックする」アプローチを選ぶとすれば、自行のビジネスの強みと弱みをより的確に理解する貴重な機会をみすみす逃すことになります。

しかし、銀行が自行の事業特性を把握して「戦略的な意思決定を行なう」アプローチを選ぶとすれば、ストレステストは非常に有用なリスク管理ツールとなります。

事業特性に即したストレステストの有用性は、銀行の担当者が重要なリスクとシナリオをどのように見極め、関係者全員がどのように役割を果たし、リスクに関する洞察をどのように活用して自行に変化をもたらすかに大きく依存します。

本資料では、銀行の事業特性に即したストレステストを活用して事業運営のスマートさ、安全性、収益性を強化することに成功している事例から導き出されたベストプラクティスを紹介します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top