SAS | The Power to Know
Blue radiance
最適なIFRS 9コンプライアンスの達成条件
ホワイトペーパー

最適なIFRS 9コンプライアンスの達成条件

導入の取り組みと財務への影響を最適化することにより、
要件遵守を超えたメリットを実現

内容

IFRS 9(国際財務報告基準第9号)は、銀行の財務面に多大な影響を及ぼし、さまざまな導入課題を生むことになると考えられています。しかし、銀行は準拠のための最適なアプローチを取ることにより、財務面への影響と、導入に必要な取り組みとのバランスを図りながら、コンプライアンスを確保することができます。この目標を達成するためには、テクノロジーによる多大なサポートが必要になります。このホワイトペーパーでは、銀行が最適なIFRS 9コンプライアンスを実現するために必要となるソフトウェア機能について検討します。

目次

  • IFRS 9会計基準の導入を推進している要因
  • 新たな要件がもたらす新たな課題
  • 最適なIFRS 9コンプライアンスの概要
  • 適切なテクノロジーの活用によるIFRS 9コンプライアンスの最適化
  • 最適なIFRS 9コンプライアンスの実現に向けたパートナーシップ

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top