SAS | The Power to Know

2016年9月8日(木)開催

アナリティクス実現のためのデータマネジメント

~データの活用・分析から価値を生み出すための打ち手とは~

 

 

 

内容

昨今、「ビッグデータ」を始めとしたデータの活用(アナリティクス)が話題となっている中価値あるデータを業務に思うように活用しきれておらず、当初思い描いたような情報活用レベルに到達できていないなどの課題を抱えている企業が少なくありません。

このような課題は、ツールの機能(BIツール、 分析ツール)、分析手法といった目に見える取り組みが大きいと考えられがちですが、それのみが原因なのではなく、実は以下の要因が大きいのではないでしょうか。

(1) データソースの散在、データの不整合、データ品質の低下
(2) アナリティクス特有のデータマネジメントプロセス

これら要因への対処として、システム部門、データを活用するユーザ部門が取り組むべき課題を整理、認識することが成功への第一歩であるとSASは考えます。

本セミナーでは、「ビジネス価値を生み出すアナリティクス実現のためのデータマネジメント」 というテーマにおいて、テクノロジーとプロセスの両面での押さえておくべきポイントや勘所について、 SASの経験、デモを交えたデータマネジメントの考え方や取り組み方法を提言します。

■開催概要

日時2016年9月8日(木) 13:30~16:00 (受付開始 13:00~)
主催SAS Institute Japan株式会社
会場SAS Institute Japan株式会社 本社(港区六本木)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11 階
(地図はこちらをご参照ください)
内容
  • データマネジメントの必要性
  • データマネジメントのトピック
  • アナリティクスのためのデータマネジメント
  • データマネジメントへの取り組み
  • SASデータマネジメント製品のご紹介(デモ)
  • はじめの一歩
参加対象

データを経営課題解決のための活用する方法をご検討されている方、
IT企画/戦略、経営企画、マーケティング部門、情報システムの方、
データ活用の目的を整理したい方、
ビッグデータの蓄積方法で課題を抱えている方

※ 定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
※ 参加対象外の方からのお申込の場合、お断りさせて頂く場合があります。

参加費無料(事前登録制)
定員30名®
お問い合わせSASセミナー事務局
03-6256-9779 (受付時間:10:00-18:00)
jpnseminar@sas-event.com

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top