SAS | The Power to Know
Blue radiance
モノのインターネット(IoT):価値実現への道のりの現状
ホワイトペーパー

モノのインターネット(IoT):
価値実現への道のりの現状

内容 :

製造業は今、エキサイティングな時代を迎えています。というのは、オペレーション・テクノロジー(マシンを監視・制御する産業用ハードウェアおよびソフトウェア)と、ビジネスの遂行や支援のために使用するERPシステムをはじめとする情報テクノロジーとの連携を阻む障壁が低くなってきたからです。生産性の改善や、顧客価値の新たな源泉の創出につながる新たな機会が日々生まれており、同様に課題も次々と生じています。

製造業は「モノのインターネット(IoT)」や「ビッグデータ」といった用語が生まれる前から、長い間、大量のデータと格闘してきました。この業界では何十年も前からマシンのデータを収集・分析しています。ただし現在では、旧式の設備やシステムのリプレースが進むのに伴い、ネットワーク接続の拡大とデータ収集機能の高度化が進み、マシンデータの量は増え続け、アクセス性も高まり続けています。同時に、IoTの出現によって、顧客側におけるデータの流れも増加傾向にあります。製品のネットワーク化には製造企業と顧客のつながりを深める効果があることから、サービス機能が拡充され、全く新しい収益モデルが生み出されています。

デジタルデータがこれほど急激に増えつつある中、製造業の経営幹部の間でも、せっかくの機会をみすみす逃しつつあるという思いが募りつつあります。こうしたデータを全て手にしているものの、それをどう活用したらよいのか、あるいはどこから手を付ければよいのかに確信が持てないのです。製造業におけるアナリティクス機能が時代に追い付いていないことは明らかであり、このギャップの解消に役立つのが「高度なアナリティクス」です。

本ホワイトペーパーは、IndustryWeek社が2015年に行った調査結果をもとに、米国の製造業におけるIoTテクノロジーとアナリティクスの利用について現状および計画を定量化したものです。ぜひご一読ください。

目次 :

要旨
調査の方法論
はじめに
1. IoTの認識と戦略
2. IoTの懸念と利点
3. IoTデータの収集
4. 高度なアナリティクス:戦略とコラボレーション
5. 高度なアナリティクス:活用、手法、ツール
結論

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top