SAS | The Power to Know
Blue radiance
保険金不正請求の調査業務へのアナリティクスの導入
White Paper

保険金不正請求の調査業務へのアナリティクスの導入

保険会社のSIU(特別調査部門)が知っておくべき考慮事項、変更管理、最新機能

About this paper

損失額の誇張、盗まれた財産の価値の水増し、自動車事故を偽装した保険金請求、架空の病状による医療費請求……。FBI の推定によると、米国において保険金不正(健康保険以外)に起因する総コストは年間400億ドル(約4兆4,000億円)を超えており、その損失の埋め合わせが保険料に転嫁されています。恐らく、保険金請求の少なくとも10%には何らかの不正が絡んでいると思われます。

保険会社はその対策として特別調査部門を設置しており、多くのSIUは不正を検知・防止するためにITツールを導入していますが、問題は拡大し続けています。なぜでしょう?

その理由として、多くの保険会社が手作業とルールベースのアプローチに依存していること、そして個別に管理される複数のデータシステムにより大局的な視点を得ることが困難または不可能であることが挙げられます。

本ホワイトペーパーではこうした課題を解決するアナリティクスの活用ステップについて、実際の保険会社における事例を交えて、ご紹介していきます。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
 
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top