SAS | The Power to Know

ホワイトペーパー

IoTにおける認識のギャップを埋める
情報テクノロジーVS運用テクノロジー

内容

モノのインターネット(IoT)は、デジタル時代の中核的な技術として急速に出現しています。企業全体に組み込まれたセンサーからデータを収集する機能により、サプライチェーンから顧客への洞察と運用効率を高めることができます。しかし、IoT、または産業用IoT(IIoT)を実装するには、多くの場合、情報テクノロジー(IT)と運用テクノロジー(OT)の両方の密接なコラボレーションが必要です。

ただし、これらの2つのグループには、多くの場合、コラボレーションと結果の両方について異なる目標、パフォーマンス指標、および視点があります。このホワイトペーパーは、読者がこれら2つのグループ間の関係(現実または知覚)をよりよく理解するのに役立ちます。
ぜひ、ご覧ください。

SASについて

SASはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界80,000以上のサイト(国内で1,500社以上)の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

 


SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:開発課長
 
*
例:情報システム部

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
 

Back to Top