SAS | The Power to Know
Reliance Case Study
ユーザー事例動画

Relianceによる電力の最適化

内容

電力の発送電網はかつてない程の普及を果たし、太陽光パネルから電気自動車に至るまで多種多様な物からエネルギーが発電され使用されています。
その結果、発送電網の仕組みが複雑になり、設備全体の安定性の確保が課題になっています。

電力会社は、複雑化する発送電網を管理して安定性を高めるために、設備にセンサーを搭載して、場所、パフォーマンス、天候をはじめ、発電設備や送電設備に影響を与えるさまざまな要素に関するデータをリアルタイムに収集しています。
「モノのインターネット(IoT)」の一部であるこうしたコネクテッド・デバイスからストリーミングされるデータにアナリティクスを適用すれば、個々の設備や発送電網設備全体のパフォーマンス予測に必要な情報を収集し、全体の稼動に不可欠な設備の動作停止を予防することができます。

この動画では、インドを代表する電力会社であるRelianceによる電力の最適化に関する取り組みを動画にてご覧いただけます。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top