SAS | The Power to Know
SAS ‘APPROACH’ TO RBM HYBRID ANALYTICAL FRAMEWORK

SAS Life Science Forum Japan 2016

資料ダウンロードフォーム

リスクベースのモニタリングへの包括的アプローチ:高度なハイブリッド分析のみが実現する臨床試験データの品質検証と異常の検出!

内容

リスクベースアプローチは、患者様の安全やデータの品質を損なうことなく、臨床モニタリングの試験情報の伝達を容易にすることができます。多くの組織では、検討や指標、データの問題や異常を検出するためのルールに沿ったレポート作成の取り組みとして、リスクベースモニタリングを検討、実施しています。例えばTranscelerateによって定義されるようなルールベースのアプローチは重要であるが、包括的にデータ品質に関する問題を検出するのに十分とは言えません。最先端のハイブリッド分析ですべてのデータ品質の問題が検出されることを確認し、false positiveを回避し、臨床試験のオペレーションの負担を軽減することで、すべての問題が検出される信頼性を向上させます。ビジネス・プロセス管理、ワークフローシステムとイベントベースのストリーミングを使用したウェアラブル、デバイスおよび患者報告システムからのデータ分析を次世代のリスクベースのモニタリングシステムが実現します。この基盤はまた、臨床開発における多様な他の分析の課題を解決するために役立てることができます。
※資料内容は英文で掲載しております。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top