アナリティクス・ライフサイクル

DATA • DISCOVERY • DEPLOYMENT

アナリティクス・ライフサイクルのグラフィック

SASは、数十年にわたりアナリティクス分野のリーディング・カンパニーとして実績を重ねてきており、企業や組織におけるアナリティクス・ライフサイクル全体(データの準備から、探索とモデル生成、業務実装まで)の統合をお手伝いできます。アナリティクス・ライフサイクル全体を通して、データ/アナリティクス/人材に対する全ての投資を横断する形で「自由と統制の完璧なバランス」を提供するのは、SAS Platformだけです。それこそが、SASと他社との違いです。

アナリティクス・ライフサイクルの「データ」段階

アナリティクス・ライフサイクル

DATA

SAS Platformは、データアクセスとデータ準備(データ品質の強化も含む)の工程を合理化/効率化する一方で、それらに対する適正なコントロールも確保します。これにより、アナリティクス・リソースの生産性とスピードが劇的に向上します。

一連の頑健なデータ管理ツール群を用いて、複雑さ、サイズ、スピード、フォーマット、ソースを問わず、あらゆるデータにアクセスすることができます。

ネイティブなアクセスエンジンと、時間のかかるタスクをAIを活用して自動化できる統合型のデータ品質およびデータ準備ツール群を用いて、データ準備の工程を合理化/効率化することができます。

従来の構造化データと新しいフォーマットのデータ(例:ストリーミング型のセンサーデータ)の両方を活用することができます。

アナリティクス・ライフサイクルの「ディスカバリー」段階

アナリティクス・ライフサイクル

DISCOVERY

Discovery 段階では、データの探索、ビジュアライゼーション(視覚化)、モデルの構築を実行します。SAS Platformには極めて幅広いアナリティクス手法が用意されており、SAS言語だけでなくオープンソース言語(Python、R、Lua)からも、それらの手法を利用できます。分析担当者は自分好みの言語を利用しながら、SAS Platformの計算処理パワーのメリットを享受することが可能です。

効果が実証済みの幅広いアナリティクス手法を用いて、あらゆる規模や複雑さの課題に取り組むことができます。

プログラミング言語に関する柔軟性のおかげで、より幅広いアルゴリズムや、より広大な人材プールを利用できるようになります。

パワフルなアナリティクス機能を、スキルや経験に関係なく、組織内の全ての人々が利用できるようになります。

アナリティクス・ライフサイクルの「デプロイメント」段階

アナリティクス・ライフサイクル

DEPLOYMENT

Deployment の段階では、アナリティクスを本稼働環境(実際の業務システムなど)に組み込みます。これにより、アナリティクスの価値が現実化されます。SAS Platformでは、透明性の高い統制の効いたプロセスを用いて素早くアナリティクスを現場業務に組み込めるため、より迅速にデータからビジネス価値を創出することが可能です。

1つまたは数千のモデルを作成しているかを問わず、堅牢なモデル管理機能を用いて、モデルの開発および選択から、モデルのデプロイメントへと素早く移行できます。

最良のモデルを素早く判断した上で、より迅速かつ容易なデプロイメント手法でモデルを本稼働環境に組み込むことができます。

再コーディングの必要がなくなり、「モデルの構築は一度、デプロイはどこにでも」が実現します。統一されたコードベースにより、多大な時間と労力を節約することができます。

Back to Top