SAS Institute Japan 役員人事のお知らせ

 

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(以下 SAS Japan)は、代表取締役社長にマイケル・キング (Michael King) が就任したことを発表します。

マイケル・キングは、ソフトウェア、IT、eコマース業界など、約30年にわたる豊富なビジネスおよびマネジメント経験を有しています。1992年に入社した米国の事業会社を経て、1998年にSterling Commerce, Inc.に入社し、日本市場における収益管理責任者として日本でのキャリアをスタートさせしました。2008年にシトリックス・システム・ジャパン株式会社に入社し、2009年から2015年まで代表取締役を務め日本市場の成長戦略を支えてきました。2015年にオートデスク株式会社 代表取締役. 兼 ワールドワイドセールス アジア太平洋地域担当上級副社長に就任し、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドを統括しました。2016年より楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社)に入社し、楽天市場の最高情報責任者 (Chief Information Officer of ICHIBA)、データサイエンス コンサルティング部 ジェネラルマネージャー、楽天コミュニケーションズ株式会社 副社長執行役員 CROなどを歴任しました。

米国SAS Institute Inc. 上級副社長 アジア太平洋地域担当 Andy Zook (アンディ・ズック)は、次のように述べています。
「このたびSAS Japanの代表取締役社長として、マイケル・キング氏を迎えられることを大変光栄に思います。キング氏は、SAS Japanをリードし、日本のお客様からの様々なご要望を、米国本社の経営幹部と共有することで、お客様にワールドクラスのソフトウェアとコンサルティング・サービスを提供します。キング氏の豊富な経験は、SASのお客様だけではなく、パートナー様とのより強固なリレーションを構築し、様々な知識をSAS Japanにもたらし、SAS Japanの成長をさらに加速させてくれることを期待しています。」

就任にあたり、マイケル・キングは次のように抱負を述べています。 
「SASは、今まさに新たな成長段階に入りました。私は、日本のお客様やパートナー様に、SASの価値をお届けしご支援できることに大変興奮しております。 私は、SASの従業員、お客様、パートナー様をはじめとするすべてのコミュニティが、私たちとともに素晴らしい未来に向かって共に歩み、成功のための新たな機会をお届けすることをお約束します。私は、お客様やすべてのステークホルダーとともに成功を分ちあい、成長できるプラットフォームを強化し、お客様の運用効率を継続的に改善することに注力してまいります。」

SAS について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2021 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top