SAS、Asia Risk Awards 2020においてAML Solution of the Yearを受賞

SASのAI/機械学習主導のマネー・ロンダリング防止テクノロジーを称賛

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、SAS®Anti-Money Laundering Solutionが、Asia Risk Technology Awards 2020のAML Solution of the Yearに選出されたことを発表しました。今回の受賞は、高度なソリューション機能、カスタマーの声、市場での評判とともに、取引とリスク管理において顧客が直面している課題に対応するための革新性と創造性が評価されたものです。この賞は、アジア太平洋地域のリスク管理担当者向け有力誌Asia Risk magazineが主催するものです。

SASのグローバル不正防止およびセキュリティ・インテリジェンス部門アジア太平洋地域(APAC)プレセールス担当ディレクター、キース・スワンソン(Keith Swanson)は次のように述べています。「SASでは人工知能(AI)や機械学習(ML)を活用して、次世代AMLのためのアナリティクス・プラットフォームの機能強化に努め、顧客が違法なマネー・ロンダリング行為をより効率的に検知し、より迅速に意思決定を行って金融犯罪を防止できるようにしてきました。APACにおける当社の顧客は当社の広範なAI/ML技術を活用してより洗練されたリアルタイム・モニタリングシステムを構築し始めており、さまざまな決済チャネルから疑わしいアクティビティを検知すると同時に、誤検知率を下げてコストを削減できるようになっています。」

SASの最新のAMLソリューションには、プライベートとパブリックの両方のクラウドで利用できる強力で柔軟性や拡張性の高いSASのクラウドプラットフォームSAS® Viya®が活用されており、SAS® Visual Investigatorによってリアルタイム・モニタリングやスクリーニング機能が拡張されています。このソリューションに高度なアナリティクスや調査手法が導入されていることで、金融機関はマネー・ロンダリングやテロ資金調達の検知やコンプライアンスのために、リスクベースでコスト効果の高いアプローチを採用できるようになります。

Asia Risk Awardsはアジアでデリバティブ市場やリスクマネジメント市場に携わる企業や個人にとって最も歴史の長い栄誉ある賞です。Asia Risk Technology Awardsは、金融サービス業界が革新的で未来志向な方法でさまざまな問題を解消できるよう、最大の貢献を果たしたテクノロジープロバイダーやソリューションプロバイダーを表彰するものです。

SAS® Fraud、Anti-Money Laundering、Security Intelligence Solutionsの詳細についてはこちらをご覧ください。

*2020年9月10日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2020 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top