SAS、アナリティクスとデータサイエンス人材の育成を強化する新しいアカデミック・プログラムを提供

求人需要の高まるSASスキル人材をSAS Academic Specializationで育成

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、アナリティクスとデータサイエンスのスキルを持つ人材育成のために新しいアカデミック・プログラムを提供することを発表しました。アナリティクスとデータサイエンスのスキルを持つ人材の需要が供給を上回り続けており、その中でも、SAS®のスキルは最も評価されています。全世界で、銀行や保険、医薬品、製造業の有力企業や政府機関はいずれもSASを活用してAIや機械学習、クラウド、IoTで業務を最適化しています。この新しいSAS Academic Specializationは、雇用者が求めるSASスキルを持つ人材を育成するために、より多くのオプションを高等教育機関に提供します。

労働市場データ収集企業である米Emsiによれば、昨年、好ましいスキルとしてSASが指定された求人は220,000件近くありました。学生がこれらの機会を獲得できるように、米サウスフロリダ大学(USF)はSASと連携し、医療アナリティクスにおいて、Tier 3の SAS Academic Specializationを開始しました。

USF Morsani College of Medicineのサキス・ツァラツァニス准教授によれば、コロナ禍により、信頼できる医療データと分析の重要性に注目が集まっているとし、次のように述べています。「新型コロナウイルス感染症との闘いでは、データ・アナリティクスのスキルが重要になります。新しい診断法と治療法を迅速に確立することへの我々のコミットメントにより、医療データを意味のある形でシステマティックに収集、管理、分析、レポートするスキルを持つ専門家の必要性が高まっています。」

USFは、米テキサスA&M大学、米コロラド州立大学グローバル・キャンパス、米ストーンヒル大学などと同様にSAS Academic Specializationの早期導入者となります。ストーンヒル大学は、データ・アナリティクスの修士学位プログラムの一部としてTier 3の SAS Academic Specializationを採用しました。これは、SASがアカデミック・パートナーに提供する最高の信用レベルです。

ストーンヒル大学Meehan School of Business学部長であるデブラ・サルバッチ(Debra Salvucci)氏は、次のように述べています。「SASのスキルを持つことを履歴書に記載する、または教室でのSASの操作経験について触れることは、採用プロセスの中で大きな意味を持つと当校の学生たちは訴え続けています。データ主導経済の仕事に適した学生を育成することは、Meehanの最重要ミッションの1つです。」

SASのスキルを育成、認証する支援プログラム
SAS Academic Specializationには、SASとのエンゲージメントの各種レベルを表す3つの段階(Tier)があります。
SASの統合レベルが高まるほど、参加プログラムと学生の利点は多くなります。これには、独占的な認定試験の準備と割引、SASワークショップや講演者、人材コネクションのためのSASの顧客への優先的なアクセスなどが含まれます。

SAS Academic Specializationを修了することで、学生は求人市場での競合優位性を獲得できます。 また、オンラインまたはソーシャルメディアに示すことができる共通のブランド・デジタル・バッジが与えられ、学習成果を雇用者側がシンプルかつ信頼性の高い方法で簡単に確認できます。このデジタル画像には、学生の資格とバッジを得るまでの過程を説明する検証済みメタデータが含まれており、SASのスキルに関する具体的な証拠を雇用者ならびに競争相手に提供します。

学術分野における40年以上の実績に基づくプログラム
SASと学術分野との強力な関係は、1976年の米ノースカロライナ州立大学を端緒とします。業界全体の分析人材の需要と供給のギャップを埋めるために、SASは世界で300を超えるアカデミック・プログラムに協力しています。 SASは、教育機関と緊密に連携してプログラム・カリキュラムを評価し、実在するデータを使用して今日のビジネス課題に分析コンセプトを適用するスキルを学生が身に着けられるようにSASソフトウェアを組み込んでいます。

SAS Academic Specializationにより、大学等の教育機関は時間をかけてプログラムを拡大できます。これは、学位と認定プログラムに構造と一貫性を与え、SASスキルの強固な基盤を確保します。大学がどの段階を選択するかに関係なく、学生はプログラムを終了することで大きな機会を業界全体で獲得できます。

SAS Global Academic Programsのディレクターであるリン・レチュカス(Lynn Letukas)は、次のように述べています。「迅速なワクチン開発から不正対策や資源保護に至るまで、現在そして今後の刺激的な仕事は、データとアナリティクスの分野にあります。SAS Academic Specializationでは、学生は実在するデータを使用して現実の課題を理解し、それに対応します。卒業するときには、学生はデータを情報に変えてビジネスを成長させ、リサーチを強化し、社会を向上させる準備が整っています。」

*2020年9月22日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2020 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top