SAS CEO ジム・グッドナイト、CEO Great Place to Work® For All Leadership Awardを受賞

米Fortune誌の「働きがいのある職場100」に20年以上にわたってランクイン

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)のCEOであるジム・グッドナイト(Jim Goodnight)は、Great Place to Workが主催し、今年で3回目となるLeadership Awards Gala Dinnerにおいて、CEO Great Place to Work For All Leadership Awardを受賞しました。この賞は、グッドナイトCEOの従業員育成に対する長年の貢献とコミットメントを評価したものです。こうした評価は、SASのアナリティクス業務が従業員のモチベーションとやりがいを高めるとともに、世界レベルの革新的な職場文化を提供したことによるものです。

ジム・グッドナイトは、次のように述べています。「市場の変化と要求に迅速に適応し、結果として顧客に満足をもたらす当社の強力かつ革新的なビジネスは、積極的でやる気のある従業員の上に成り立っています。チャレンジングな仕事と、信頼のおけるサポーティブな環境があれば、従業員は一層つながりを感じ、世界に変化をもたらすことができます。」

Great Place to WorkのCEOであるマイケル・C・ブッシュ(Michael C. Bush)氏は、次のように述べています。「あらゆる人々にとって働きがいのある職場を提供する組織は、財務実績や企業責任の面でも業界をリードし、ビジネスだけでなく、人々や世界にとってもより良い結果をもたらすことを強く証明しています。」

CEO受賞者は、米Fortune誌が毎年発表する「100 Best Companies to Work For(最も働きがいのある会社100)」、「100 Best Workplaces for Women(女性に最適な職場100)」、「100 Best Workplaces for Diversity(多様性に最適な職場100)」、「150 Best Small and Medium Companies to Work For(最も働きがいのある中小・中堅企業100)」に選出された企業から選出されました。選出されたCEOは、あらゆる人々にとって働きがいのある職場の創出に対する長期的かつ一貫的な、傑出したリーダーシップを発揮しました。これらのリーダーたちは、連帯感をもたらし、感情的および精神的な安心感を提供することで、人々にとって良い職場を構築したことで知られています。

Fortuneがリストを発表するようになった1998年以来、SASは「Great Places to Work in the US(米国でもっとも働きがいのある職場)」に毎年選出されており、「レジェンド」のステータスを獲得しています。SASは、「World’s Best Workplace(世界で最も働きがいのある職場)」にも継続的に選出されており、最近は「Best Employer for Diversity(多様性に最適な雇用者)」としても認められています。世界のさまざまな国の多数の職場ランキングに加え、アジアと欧州の「Best Workplace(最も働きがいのある職場)」にも選出されています。

*2020年3月4日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

Great Place to Work For All Summitについて

Great Place to Work For All Summitは、Fortuneの「100 Best Companies to Work For(最も働きがいのある会社100、)」、Great Place to Workが認定する組織、職場の改革に取り組んでいる企業など、最も働きがいのある職場のエグゼクティブリーダーを招集します。そのミッションは、ビジネスにとって、人々にとって、世界にとってより相応しい高い信頼性の文化を創出し、それを擁護するためのベストプラクティスを共有することにあります。

Great Place to Workについて

Great Place to Work®は、職場文化の世界的権威です。1992年以来、世界の1億人以上の雇用者を調査し、深い洞察に基づいて働きがいのある職場を生み出すのは信頼であると定義しました。Great Place to Workは、自社の企業文化を定量化し、全従業員のために高い信頼性の労働エクスペリエンスを創出することでより良いビジネス成果を生み出そうとする組織を支援します。独自の文化管理プラットフォームであるEmprising®は、データに基づいて従業員に関する判断を下すために必要な調査、リアルタイムレポート、インサイトをリーダーに提供します。Great Place to Workの他に類を見ないベンチマーク・データは、Great Place to Work-Certified™(Great Place to Work認定)企業、Fortuneが毎年発表する「100 Best Companies to Work For®(最も働きがいのある会社100)」や「World’s Best Workplaces(世界で最も働きがいのある職場)」リストを含む、米国および60以上の国のBest Workplaces™(最も働きがいのある職場)の選出に使用されています。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2020 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top