JCB、SAS® Viya®を用いた分析案件推進の実証実験を開始

SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎 以下、JCB)が、アナリティクスをより高度化かつ内製化することを目的として、SASが提供する最先端のEnterprise Open Analytics PlatformであるSAS® Viya®を用いた分析案件推進の実証実験を開始したことを発表いたしました。

JCBではこれまでの基礎検討を通じて、AI・データ活用のためには『データ準備~モデル構築・管理・実装~精度モニタリング』に至るプロセス全体を簡易に実行できる環境の整備が必要であり、かつ、モデル構築後の実装の容易性までを視野に入れる必要があると考えました。そこで、分析プロセス全体を単一プラットフォーム上で唯一実現できるSAS Viyaを実証実験の対象として選定いたしました。

JCBは、優れたUIを有するSAS Viyaはアナリティクスの内製化を図る上でも有効なツールであると評価しており、本実証実験にて、モデル構築プロセスの社内分析支援組織での実施可否を検証する予定です。

この実証実験は、リスクやマーケティングなどのテーマを題材とし、各業務部との協業を通じて実施しております。本検証を通じて、分析支援態勢を確立し、事業課題解決の一層のスピードアップを目指します。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2020 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top