SAS、Forrester社の調査レポートで顧客分析テクノロジー分野のリーダーに選出

企業がネクスト・ベスト・エクスペリエンスを提供できるように豊富な機能を提供

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、カスタマー・ジャーニーのあらゆる段階で顧客に合った魅力的なネクスト・ベスト・エクスペリエンスを創出できるよう支援しており、米調査会社のForrester Researchが発表したアナリスト・レポート「The Forrester Wave™: Customer Analytics Solutions, Q3 2020」でSAS® Customer Intelligence 360が評価されてリーダーに選出され、戦略カテゴリーで全ベンダーの最高スコアを獲得しました。

同レポートによると、「現在のベンダーは複数のユーザー企業のペルソナを想定してサービスを提供しており、その最も重要な点として、単にインサイトを生成するだけではなく、ネクスト・ベスト・エクスペリエンスを識別して提供することに焦点が移っています。こうした優れた顧客分析テクノロジーに投資して、顧客とのインテリジェントかつ最適化されたやり取りを推進する企業は、市場の変化から最大のメリットを得られるようになるでしょう。」
 

マーケティング分析を手がけるあらゆるスキルレベルのユーザー像に対応

SASは、すぐに利用できる強力な分析機能によって、ビジネス・ユーザー向けの「Do It For Me」手法から、データ・サイエンティスト・コミュニティ向けの「Do It Yourself」手法に至るまで、あらゆるスキルレベルに対応する顧客/マーケティング分析を提供します。Forresterのレポートには、次のように記載されています。「SASは2つの相補的ソリューションによって、まったく異なる2つの分析ペルソナを満足させています。まず、マーケターなどのビジネス・ユーザー向けには、Customer Intelligence 360において、そのまま利用できる強力な分析機能を提供しています。次に、カスタム・モデル構築を希望するデータ・サイエンティストなどの技術的能力の高いユーザーには、SAS Viyaプラットフォームの分析能力を享受できるようにしています。」あらゆるスキルレベルのユーザーは、ネクスト・ベスト・エクスペリエンスのシナリオを容易に識別し、実装できます。

さらにこのレポートには次のように記載されています。「SAS Data Studioはユーザーに対してデータの変革をプロアクティブに提案し、自然言語生成を用いてデータ準備プロセスのステップを説明します。またSASは、ネクスト・ベスト・エクスペリエンスを提供するための中核的な機能であるジャーニー最適化機能において、深層強化学習を用いています。」加えて「SASは、ネクスト・ベスト・エクスペリエンスの中核的な実現要因である強化学習も提供しています。」と記載されています。

SASは7月、あらゆるスキルレベルのマーケターが、ハイブリッド・マーケティング・アプローチを介して分析による価値の実現を促進できるよう、4つのサービス・ソリューションを全世界に向けて発表しています。

  • SAS 360 Digital Insight Serviceは、オンライン・チャネルからデジタル・データを収集し、ビジネスの意思決定に役立てます。
  • SAS 360 Customer Insight Serviceは、組織が顧客データの規模と多様性を活用できるよう支援します。
  • SAS 360 Attribution Serviceは、組織が分析的なアトリビューション・プログラムを策定できるよう支援します。
  • SAS 360 Data Activation Serviceは、デジタル・データの収集と接続からサードパーティ・システムのアクティベーションに至るまで、組織を支援します。

SASは戦略カテゴリーで最高の評価を得たほか、ガバナンス、ビジネス・インパクト測定、製品ビジョン、製品ロードマップ、パフォーマンス、プロフェッショナル・サービスの基準においても最高スコアを獲得しました。また、顧客分析ソリューションの収益と顧客数の基準でも最高スコアを獲得しています。Forresterのレポートは次のように述べています。「SASは『あらゆる顧客とのやり取りを最適化する、親しみやすいエンドツーエンドのアナリティクス』を提供するというビジョンの実現に向け、適切な既存機能と製品ロードマップを有しています。」

SASのCustomer Intelligence担当グローバル・プロダクト・マーケティング・マネージャーであるジョナサン・モーラン(Jonathan Moran)は、次のように述べています。「今回の評価でリーダーと認められたことにより、SASが最も得意とするのが、エンドツーエンドのマーケティング・プロセスを統制しつつ、強力な顧客データ管理、高度なアナリティクス、およびアクティベーション能力を提供することであるという事実が証明されたと思います。マーケティングの未来が、デジタル分析の詳細さとインサイト重視の傾向が強まる中、企業はSASを活用し、顧客を自社の活動領域の中心に据えることで、優れたマーケティング/顧客戦略を実現できます。」

*2020年8月7日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2020 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top