GPIFのインデックス・ポスティングのデータアナリティクス基盤にSASのアナリティクス・プラットフォームが採用

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(以下 SAS)は、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(以下GPIF)が様々なインデックスの情報収集を効率的に行い、運用の高度化につなげることを目的に新たに導入するインデックス・ポスティングに対し、SASのアナリティクス・プラットフォームを提供することを発表しました。

SAS アナリティクス・プラットフォームは、オープンなユーザーインターフェイスにより、プログラミングスキルを持つユーザーから、プログラミングスキルを持たないビジネスユーザーまで、同じプラットフォーム上で分析作業を行えます。使用するツールがOSS(オープンソースソフトウェア)かSASかを問わず、統一された方法で入力データ、レポート、アルゴリズム資産やモデリングプロセスを管理・共有でき、比較することで最良のモデルを作成できます。さらに、作成したプログラムは、部門メンバーで共有可能で、プログラムの再利用などの作成効率の向上だけではなく、分析結果をWebベースの視覚的なダッシュボードとして保存できます。分析結果のデータ、グラフ、表などは、Microsoft Office上に保存し、レポート業務などの業務効率化を向上させます。

GPIFは、ポスティングされたインデックスの情報を効率的に蓄積し、財務情報やESG 情報を含む非財務情報などと統合して、分析するための基盤(IDEAS:Index Data Entry and Analysis System)における分析プラットフォームとしてSASを採用しました。
SASは、GPIFのインデックス・ポスティングの分析業務をSASのアナリティクスサービスの提供を通じて、支援してまいります。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2020 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top