SAS、新型コロナウイルス感染拡大をうけ、無料オンライン学習の提供を開始

~SAS Academy for Data Science、SAS Learning Subscription、カスタマー・インテリジェンス・リソースなどを無償提供~

新型コロナウイルス感染症により、多くの方が日常業務の変化に適応しようとしています。そのような学習者や専門家のニーズに対応するため、アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) は、柔軟な無料オプションを発表しました。SAS®トレーニング・リソース (英語)は、ショート・ビデオやインタラクティブなオンライン・コースなどの様々なラインナップにより、入門者にプログラミングや統計学を紹介したり、SAS AI and Machine Learning Professionalなどの有益な業界認定資格の獲得を支援します。

SASの教育担当シニア・バイスプレジデントであるSean O’Brienは、次のように述べています。「当社の新型コロナウイルス感染症への対応は、かつてない公私にわたる生活の変化の只中にあるユーザーと学習者への支援を基本としています。このような時期にあって、SASについて学ぶことが必ずしも最優先ではない点は理解していますが、関心があって在宅学習の必要がある人には、できるだけ容易に学べるようにしたいと考えています。」

柔軟で利便性の高いさまざまな選択肢の一つとして、SAS Academy for Data Scienceを開講しています。このプログラムでは、データ・キュレーション、高度なアナリティクス、AI/機械学習の認定資格を得られる高度なデータサイエンス・トレーニングが提供されます。また、SAS Learning Subscriptionでは、Eラーニング、他では見られないコンテンツ、SASエキスパートからの支援、認定資格獲得までの指針などを幅広く提供します。より専門的なSAS Customer Intelligence 360 Learning Subscriptionでは、マルチチャネルのカスタマー・エクスペリエンスの管理に向けて、高度なアナリティクスを使用するための最新スキルを獲得できます。SASでは、コース修了者全員にデジタル・バッジを提供しています。

学習者は30日間無料で上記のアカデミーやラーニング・サブスクリプションにアクセスできます。大半のコースでは演習のためにヴァーチャル・ラボにアクセスできます。また、インストラクターによる指導を希望する学習者のために、全世界にLive Webクラスを拡大しています。学習者は個別クラスのように、オンライン上のインストラクターとやり取りし、ソフトウェア・ラボで演習できます。

SASはそのほかにも、SAS University Edition、SAS® Viya® for Learners、プログラミング/統計コース、Eラーニング、実践ビデオ・チュートリアル、ウェビナーなど、数多くの無料の教育用・リソースを用意しています。

リモート学習や無料オンライン・トレーニングについて詳しくは、こちらをご覧ください。(英語)
日本国内におけるトレーニングについてはこちらをご覧ください。
SAS日本語トレーニングをオンラインで受講いただけるLive Webコースはこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症へのSASの対応について詳しくは、こちらをご覧ください。(英語)

*2020年4月8日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2020 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top