SAS、ニュージーランドラグビー協会のオフィシャル・アナリティクス・サプライヤーとして、オールブラックスをデータ・インサイトで支援

・プレイヤーとチームのパフォーマンス・インサイトにより、競争優位性を向上
・コーチがIT担当者を介さずデータを調べられるSASの使いやすさ

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、オールブラックスおよびニュージーランドラグビー協会(NZR)と7シーズンにわたって連携し、昨年終盤には「オフィシャル・アナリティクス・サプライヤー」となったことを発表しました。ビジネスの世界と同様に、スポーツの世界でもデータを素早く分析してインサイトを抽出し、競争優位性の獲得に役立てることが成功にとって不可欠となっています。

両団体との関係は、スプレッドシートベースのレポート・プロセスからの切り替えでNZRがSAS Visual Analyticsを採用した2013年までさかのぼります。それ以来、ラグビーの国内支援団体であるNZRがプレイヤー、チーム、試合、相手チームのデータを活用する能力は大幅な進化を遂げてきたとNZRのパフォーマンス・アナリティクス・マネージャーであるジェイソン・ヒーリー(Jason Healy)氏は述べています。

「SASを導入するまでは、サードパーティが集めた、対戦相手でも入手可能なデータに頼っていました。現在は、ビデオを含む多様なソースからデータをインポートしてSASプラットフォームで集約とサニタイズを図り、分析とレポートに利用できるように整えています。古いスプレッドシート・システムでは、コーチ用の資料の作成に1、2日かかっていましたが、現在では、データが利用可能になってから数分以内に完了できます。SASは、大量のデータの処理に要していた膨大な時間を節約してくれます。」

NZRは、オールブラックスを含むすべての国内チームのデータと、国際大会であるスーパーラグビー、国内の地方大会、Mitre 10 CupのデータをSASプラットフォーム上で収集、管理しています。コーチはそれぞれが異なる方法でシステムを使用しますが、その目的は共通で、プレイヤーとチームのパフォーマンス向上、相手の長所の十分な把握、先入観の解消などにつながるインサイトの獲得です。

カスタマイズされたレポートを好むコーチもいれば、SASプラットフォームの使いやすさを活用して自分でデータを調べるコーチもいるとジェイソン・ヒーリー氏は述べています。
「アナリティクスの経験がなくても、データから大きな価値を引き出すことは可能です。ここの環境が優れているのは、データを自分で調べるためのライセンスをエンドユーザーであるコーチに与えていることです。」

SAS Asia Pacificのグローバル・マーケティング担当バイスプレジデントであるアラステア・シム(Alastair Sim)は、次のように述べています。「オールブラックスとニュージーランドラグビーの継続的成功の重要な貢献者として、このように認められることは光栄です。SASはスポーツの分野において世界で広く利用されており、世界中のフォロワーが『天国で行われる試合』と呼んでいるスポーツの真のチャンピオンを今後もアナリティクスでサポートし続けていきたいと考えています。」

ニュージーランドラグビー協会(NZR)について:

ニュージーランドラグビー協会(NZR)は、ニュージーランドの人々を活気づけ、一体化することを目的に、ラグビー・ユニオンの試合をリード、サポート、拡大、推進しています。
事務所がウェリントンとオークランドにある以外に、ニュージーランド国内各地で行われるコミュニティ・ゲームにNZRの多数のスタッフが関わっています。1892年に発足したNZRは、ニュージーランド最大のスポーツ団体の1つであり、その職員チームは、国内のあらゆるレベルの試合を円滑かつ効率的に進行させることにコミットしています。モダンなプロフェッショナル・スポーツであるラグビーの活動と機能は多岐にわたっています。
NZRの人々はニュージーランドの国内ラグビー・チームの管理や、国内大会、国際大会、テストマッチを含む国際試合の管理を行うだけでなく、国内のラグビー・コミュニティの支援も行っています。
NZRは、Provincial Unionsの全26団体、スーパーラグビー参加クラブ、コマーシャルおよびチャリティ・パートナー、国際ラグビー団体、ニュージーランド政府をはじめとする関係者をメンバーとし、それぞれとの間で直接的な関係を保っています。
ニュージーランドラグビー協会に関する問合せ先: toby.robson@nzrugby.co.nz TEL:+64 (0)21 401 012

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top