SAS、Forrester社の調査レポートで、 アンチ・マネーロンダリング・ソリューションのリーダーに選出

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) は、米調査会社のForrester Researchが発表したアナリスト・レポート「The Forrester WaveTM: Anti-Money Laundering Solutions, Q3 2019」においてリーダーに選出されました。初めて実施されたアンチ・マネーロンダリング(AML)テクノロジーの評価の中で、Forrester Researchは、SAS® Anti-Money Launderingを「強力なデータ統合および連携された機能群」を備えた、市場で「最も拡張性に優れたソリューションの1つ」としています。

追加される規制、進化する脅威、膨大な量の多様なデータを考慮すると、AIと機械学習を活用して疑わしいアクティビティを迅速に検知し報告することは、AMLの必須事項になりつつあります。同調査レポートによれば、SASソフトウェアの「教師あり学習(Supervised Learning)および教師なし学習(Unsupervised Learning)の両方をベースとした機械学習によるモデル開発は、極めて直観的かつ視認的で、すぐに使用可能で設定可能なアルゴリズムを多く提供します。」

このように高度なアナリティクス機能は、トランザクションのスコアリングや調査など、AMLプログラムの全体的な効率と有効性を向上させます。そしてそこに、多数のデータ・サイエンティストを揃える必要はありません。

SASの不正防止およびセキュリティ・インテリジェンス担当バイスプレジデントであるステュ・ブラッドリー(Stu Bradley)は、次のように述べています。「SASは、業界をリードするAIと機械学習によってアンチ・マネーロンダリング・プログラムの変革と先進化を図る金融機関を支援しています。これにより、繰り返しの手作業タスクを自動化し、誤検知を50%以上削減できます。米国のある銀行がトランザクション・モニタリング・システムのキャッシュ・アクティビティ・シナリオをSASのニューラル・ネットワーク・モデルに交換したところ、SAR換算率が3倍になると同時に、毎月の作業項目も半減されました。」

Forrester Researchは、32の基準項目についてAMLソリューション・プロバイダー8社を評価しました。SASは、「SASソリューションの堅牢性とデータサイエンスに関する知識や能力は、大企業に理想的である」と評され、「リスクの評価とアラート生成」、「ケース管理」、「レポーティング」、「トランザクション・ボリュームの拡張性」の各項目で満点を獲得しました。SASに対する評価の中で、Forresterは次のように記しています。「レポートは設定変更が可能であり、多様な目的に対応しています。ケース管理のキュー定義は、柔軟性に優れています。」

アイスランドの銀行であるLandsbankinnを含め、世界で250以上の金融機関がマネーロンダリングの防止にSASを利用しています。AIと機械学習がAMLをどのように変えるかについては、こちらをご覧ください。

*2019年9月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社広報プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2019 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top