SAS、アドバンスド/プレディクティブ・アナリティクス市場においてトップシェアを堅持
(市場調査会社のレポートより)

*2018年9月17日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、アドバンスド/プレディクティブ・アナリティクス市場においてトップシェアを獲得したことを発表しました。米IDC社の調査レポート「Worldwide Big Data and Analytics Software 2017 Market Shares: Healthy Growth Across the Board」(ビッグデータ/アナリティクス・ソフトウェアの2017年の世界市場シェア:総じて健全な成長)によると、SASは今回も、アドバンスド・アナリティクスおよびプレディクティブ・アナリティクスの領域で、あらゆる競合他社を圧倒しています。

SASは「アドバンスド/プレディクティブ・アナリティクス」カテゴリーにおける2017年の市場シェアで、第2位の競合他社の2倍を超える30.8%を獲得して第1位となりました。IDC社が1997年にこの市場の追跡を開始して以来、SASはアドバンスド/プレディクティブ・アナリティクスのカテゴリーで首位を堅持しており、同カテゴリーで毎年、成長を続けています。

IDC社のビジネス・アナリティクス担当リサーチ・マネージャー、チャンダナ・ゴパール(Chandana Gopal)氏は、次のように述べています。「SASは、アドバンスド/プレディクティブ・アナリティクス市場で主導的な立場を維持し、年々成長を続けることができています。この市場に参入する競合他社の数が増えていることを踏まえれば、この業績を達成するのは決して容易ではありません。今では、SASを使用することで、ユーザーはオープンソース・ツールを使用して自らモデルを開発して、それをSAS Platformに統合することを容易に行うことができます。このような機能を提供していることが、SASがこのカテゴリのトップに位置しつづける理由であるといえます。」

SASは、研究開発(R&D)に再投資していますが、その比率は主要なテクノロジー企業の平均の2倍を超えています。2017年度、SASは総売上高32億4,000万ドル(3,564億円、1ドル110円換算)の26%を、AI、IoT、データ管理、アナリティクスのソフトウェア開発に投入しました。40年以上にわたるイノベーションの実績の後押しにより、SASのソリューションは147ヶ国、8万3,000を超える企業/政府機関/大学のサイトで利用されています。

SASのCEOであるジム・グッドナイト(Jim Goodnight)は、次のように述べています。「SASは、データがあふれる世界をインテリジェンスに満たされる世界に変えていくために、顧客と緊密な協働を続けています。SASは長年にわたり、アドバンスド・アナリティクスの領域において極めて深い機能群の開発・改良に取り組んできており、そのことがSASを市場のトップへと押し上げています。しかし私たちは、現状維持に甘んじることはありません。“何を実現できるのか?” という好奇心、そして、アナリティクスについて顧客と分かち合っている情熱こそが、AI、機械学習、IoT、リスク管理、不正対策といった最先端の領域における不断の開発努力につながっているのです。」

多様かつ大規模な課題への取り組みをサポートする強力なアナリティクス基盤であるSAS® Platformを活用することで、顧客はデータに基づく洞察から信頼性の高いビジネス上の意思決定を行うことができるようになります。SAS® Viya®の最新版には、透過的な人工知能(AI)テクノロジーが組み込まれています。新しい機械学習手法により、データ・サイエンティストかビジネスユーザーかを問わず誰もが同じように、モデルの解釈可能性に関する新機能を活用することで、より精度の高い分析モデルを作成できるようになります。

オーランド・マジック(米国のプロバスケットボール・チーム)の戦略担当副社長、ジェイ・リオラ(Jay Riola)氏は次のように述べています。「我々の組織は、コートの内外でアナリティクスに多大な価値を見出しています。SASとの長年に及ぶ共同作業のおかげで、観客数、売上実績、総合的なファン・エンゲージメントが向上し、営業面の成功の原動力となりました。現在は、コート内でも成功を達成することを目指し、アドバンスド・アナリティクス、機械学習、人工知能を活用することで、それらの取り組みをさらに一歩先へ進めようとしているところです。」

SASは、米IDC社のレポート「Worldwide Analytic Data Integration and Integrity Software Shares, 2017」(アナリティクス・データ統合/整合性ソフトウェアの世界シェア、2017年)によると、この市場でもトップシェアを獲得しています。データ統合ツールは、データの収集、準備、キュレーション(整理・取捨選択)を通じてアナリティクスの一貫性を確保します。SASは2017年に、市場シェア19%で第1位となりました。

アドバンスド・アナリティクスに関する顧客の成功事例については、ユーザー事例をご覧ください。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top