西日本最大級アナリティクス専門カンファレンス
SAS® Analytics Network OSAKA 2018を11月8日に開催

AIやIoTなどの最新テクノロジーをベースとしたアナリティクスソリューションに加え、最新の顧客事例をご紹介

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)は、来る11月8日(木)、西日本最大級のアナリティクス専門カンファレンス「SAS Analytics Network OSAKA 2018」をハービスHALL (大阪市北区) にて開催します。

ビッグデータがバズワードから、実務上必須の資産となった今、アナリティクスの高度化と適用領域の拡大が求められています。今後、IoTソリューションの導入がさらに進展し、AIテクノロジーの適用が加速することで、定量データのみならず、現実世界をより忠実かつリアルタイムにデジタル化できるようになります。デジタル化されたデータと、過去の知見、経験、学習を基にしたアナリティクスとを組み合わせることで、「より良い洞察」を導くことができ、ビジネスにおける「より良い意思決定とアクション」に繋げることが可能となります。

今年度のSAS Analytics Network OSAKA 2018では、「Inspire the Extraordinary」をテーマに AIやIoTなど先進的なテクノロジーをアナリティクスに融合し、企業や組織の競争力を最大限に高めること、新しいテクノロジーと手法を活かし、 専門性の高いアナリティクスと画期的なビジネス・ソリューションをビジネスインパクトに結び付けることが求められています。本カンファレンスでは、AIやIoTなどの最新テクノロジーをベースとしたアナリティクスソリューションに加え、最新の顧客事例をご紹介いたします。

冒頭の基調講演では、「デジタル変革とアグノスティック・アプローチ」と題し、最新のAI・アナリティクスのトレンドおよび、デジタルトランスフォーメーションに求められるアプローチについて、SAS Institute Japan株式会社 代表取締役社長 兼 SAS Institute Inc. 日本・韓国 地域統括 バイスプレジデント 堀田 徹哉がご説明します。また、特別講演パネルディスカッションでは、以下の特別ゲストをお迎えし、「AI・IoT時代における組織づくりと人材育成・獲得」を予定しております。(50音順)

オムロン株式会社
グローバルビジネスプロセス&IT革新本部  ビジネスプロセス革新センタ営業プロセス部
主査  川平 航 氏

関西電力株式会社
送配電カンパニー情報技術センター
所長  松田 亨 氏

住友ゴム工業株式会社
製造IoT推進室
室長 山田 清樹 氏

TOTO株式会社
技術本部 生産技術部  CAE技術グループ
主任技師  上田 忠雄 氏

ブレイクアウトセッションでは、関西電力株式会社、住友ゴム工業株式会社、TOTO株式会社、株式会社りそなホールディングスなど(50音順)、国内主要各社様からの貴重なユーザー事例セッションをはじめ、AI/機械学習、IoTなどのビッグデータ分析による取り組みや、SASによる最新テクノロジー/製品のご紹介、SAS製品を活用した最新事例、および主要パートナー企業各社による最新のソリューションなど、アナリティクスを中心とした14のセッションが展開されます。

「SAS Analytics Network OSAKA 2018」 開催概要
日時 :2018年11月8日(木)  13:00-19:30 (受付開始 12:30~) 予定
会場 :ハービスHALL  [会場アクセス]
〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25ハービスOSAKA B2F
主催 :SAS Institute Japan株式会社
参加費 :無料 (事前登録制)
申込 :お申込み受付フォームで受付中

「SAS Analytics Network OSAKA 2018」に関する最新情報
https://www.sas.com/ja_jp/events/18/sas-analytics-network-osaka-2018.html 

「SAS Analytics Network OSAKA 2018」に関するお客様からの問い合わせ先
SAS Analytics Network OSAKA 2018 イベント事務局
E-mail:JPN_SAN@sas.com
TEL:03-6434-3700 (受付時間 10:00-17:00)

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top