国内最大級のアナリティクス専門カンファレンス
「SAS® FORUM JAPAN 2018」、5月18日(金)に開催決定

~AI、IoTなど最新技術をベースにしたソリューションと、内外の先進的な顧客事例が一堂に集結~

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)は、来る5月18日(金)、国内最大級のアナリティクス専門カンファレンス「SAS® FORUM JAPAN 2018」(以下 SFJ 2018)をグランド ハイアット東京(東京都港区)にて開催します。

https://sasforum.jp/

過去最大級の開催規模

今年度のSAS FORUM JAPANでは、注目が高まり続けるAIやIoTといった先進のテクノロジーをベースとしたSASソリューションの実践的企業活用事例や、SAS® Viya®などの最新製品やソリューションを披露します。AIやIoTなどの最新テクノロジーをビジネスに活用される方やアナリティクスの業務活用に関心のある方を対象とし、約1,500名の来場を予定しています。

本社 COO兼CTO オリバー・シャーベンバーガーが来日

午前の基調講演では、SAS Institute Inc.エグゼクティブ・バイスプレジデント チーフ・オペレーティング・オフィサー 兼 チーフ・テクノロジー・オフィサーであるオリバー・シャーベンバーガー(Oliver Schabenberger)が来日し、アナリティクスの未来、SASの最新テクノロジーや戦略について講演いたします。

豪華な国内エグゼクティブスピーチと事例セッション

午後のオープニング プレナリーセッションにはANAシステムズ株式会社 代表取締役会長 幸重 孝典氏にご登壇いただき、全日本空輸株式会社が長年活用してきたアナリティクス事例や、今後のIT戦略についてご講演いただきます。また午後のブレイクアウトセッションでは、株式会社三井住友フィナンシャルグループのアンチ・マネー・ロンダリング事例、株式会社NTTドコモによるアナリティクスライフサイクルの高度化事例、株式会社ふくおかフィナンシャルグループによる最先端リアルタイム・アナリティクス技術を活用したオムニチャネル・マーケティング事例など、多彩なユーザー事例セッションをはじめ、AI、IoTなどの最新テクノロジー/製品のご紹介、SAS製品を活用した最新海外事例、および主要パートナー企業各社による最新のソリューションなど、アナリティクスを中心としたセッションを展開します。話題のSAS Viyaもユーザー事例をはじめとした特別トラックをご用意して皆様のご参加をお待ちしております。

データサイエンティスト キャリアトラックが実現

また今年初の試みとして、「データサイエンティスト・キャリア・トラック」を実施します。 これは、データサイエンス人材を輩出するアカデミアと、その活躍の場である企業をつなぎ、データサイエンス人材のエコシステムの形成を支援する、『SASの教育機関におけるデータサイエンス人材育成支援』の一環です。すでにSASを使用してデータサイエンスを自社ビジネスに組み込んでおり、データサイエンスチームの組織化と人材育成に積極的に投資をしている企業の講演、企業で活躍している新進のデータサイエンティストの方々自らの生の経験談など、データサイエンティストを目指す学生の方の将来のキャリア形成に役立つ情報を得られる専門トラックとなっています。

日 時:2018年5月18日(金) 10:00~18:00 (受付開始 9:30~)予定
会 場:グランド ハイアット東京 (東京都港区六本木6-10-3)
主 催:SAS Institute Japan株式会社
参加費:無料(事前登録制)
申し込み:イベント公式サイトで申し込み受付中  https://sasforum.jp/

その他、「SFJ 2018」に関する最新情報はこちらをご参照ください。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関するお問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top