SAS、Fortune誌発表の「ミレニアルにとって働きがいのある会社」に再び選出

*2018年6月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、Fortune誌が発表するミレニアル世代(2000年以降に成人あるいは社会人になる世代)にとって働きがいのある会社に再度選出されました。ミレニアル世代がSASを魅力的に感じる理由は、プロフェッショナルな人材育成とワークライフバランスを重視する企業文化にあります。

SASは、人材への投資はビジネスの成果に反映される、という信念に基づいて人材育成に力を入れています。SASの有能な若手従業員は、彼らをサポートする組織内ネットワークとキャリア開発に関する支援を高く評価しています。従業員は入社すると、SAS Academy(SAS アカデミー)という、講義と実践を組み合わせたトレーニングを受けます。また、インターンシップ プログラムとして「Certified Young Potential internship program」や、将来のリーダーの育成に貢献する「Emerging Leadership」などの各種キャリア開発プログラムも用意されています。

SASのコーポレート・クリエイティブ・インターンであるティアゴ・デ・スーザ(Thiago De Souza)は、次のように述べています。「ミレニアル世代である私たちは、効果的かつ創造的に自らの役割を果たすことができると信じてくれる強力なチームに支えられています。またこのように自立できる職場環境を、高く評価しています。SASは、自らが学んできたことを自主的に活用する場を常に用意してくれます。私は常にチームに支えられていると同時に、チームもまた我々に支えられていると理解しています。」

SASでは、さまざまなキャリア開発に加え、従業員のニーズを満たすためのリソースも提供しています。これには、リクリエーションやフィットネス・センター、ヘルスケア・センターをはじめ、美容室、ドライクリーニング、カフェテリアプランなどが含まれます。SASは、従業員の育成だけではなく、就職希望者に対しても統括的な学習の場と成長できる環境を提供しています。

SASグローバル タレント アクイジション(人材獲得) シニアディレクターのアンナ・ポロロック(Anna Prorock)は、次のように述べています。「SASでは、個々の能力を最大に発揮できるように様々な権限を従業員に与えており、新鮮なアイディアやイノベーションをもたらすよう奨励しています。自分自身の実績を確実に積み上げることができ、学ぶための機会が絶えず提供されます。学習と成長のためにこれほどよい環境はないと思います。」

Fortuneが発表する働きがいのある会社に20年以上選出されているSASは、多様性と包括性、ジェンダーの平等、そして新卒の学生やITプロフェッショナルのためのトップ企業としても、働く最良の場所と認められています。

Great Place to WorkのCEOであるマイケル・ブッシュ(Michael Bush)氏は、次のように述べています。「これらの働きがいのある会社が、成功に必要な環境をミレニアル世代の従業員に提供していることを誇りに思います。SASの取り組みは、次世代のリーダー確保と育成を求める企業の基準となります。目的と意味のある仕事をミレニアル世代に提供することは、彼らの力を最大限に引き出し、会社全体に利益をもたらします。」

ランキングでは、会社への貢献度に対する従業員の誇りと、自分自身が仕事に対して変化をもたらすことが出来るという信念、そして自分の仕事が特別な意味があるという意識において評価しています。

ミレニアルにとって働きがいのある会社について

Great Place to Workは、同社が認定する(Great Place to Work-Certified™)組織で働く434,000人以上の従業員を対象に匿名のTrust Index™調査を実施し、データ主導の方法論に基づいてランキングを行っています。

Great Place to Workについて

Great Place to Work®は、グローバル人材アナリティクスおよびコンサルティング企業です。あらゆる規模の企業がすべての従業員のワーク・エクスペリエンスに重点を置くことで優れたビジネス成果を上げられるように支援しています。Great Place to Workの調査では、従業員の前向きな意識と財務実績の間には明確かつ直接的な関係があることが示されています。30年以上にわたって1億人以上の従業員を調査し、高い信頼性と高パフォーマンスの職場文化の特定と構築で世界中の組織を支援しています。Great Place to Workの認定プログラムを通じて傑出した職場を評価し、Fortuneが毎年発表する働きがいのある100社のリストを作成するほか、米国とその他60か国以上でさまざまな最高の職場ランキングを提供しています。 
 

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com
2018 GPTW for Millennials Award

Back to Top