SASのJMPジャパン事業部が「Discovery Summit Japan 2018」を開催

~国内外の統計分野のエキスパートが結集し、より優れた分析の探求、 効果的なデータ活用への最新情報や事例を紹介~

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田徹哉、以下 SAS)のJMPジャパン事業部は、来る11月16日(金)、「Discovery Summit Japan 2018」を、グランド ハイアット東京(東京都港区)にて開催します。

「Discovery Summitシリーズ」は、SASのビジネスユニットであるJMP事業部がグローバルで展開する年次イベントで、統計分野の国内外のエキスパートが結集し、より優れた分析の探求、効果的なデータ活用への最新情報や事例、ユーザー様同士での交流の場などを提供しています。「Discovery Summit Japan 2018」は、今年で第5回目の開催となります。午前の部の基調講演では、SAS Institute Inc. 米国本社よりSales & Marketingのシニア・バイスプレジデントであるジョン・ワイズ(Jon Weisz)とシニア・プロダクトマネージャーであるダン・バレンテ(Dan Valente)より、JMP 14の新機能についてご紹介します。
ブレイクアウト・セッションでは、国内外のJMPのユーザーから21の口頭発表、9つのポスター発表を予定しています。
キリン株式会社、AGC株式会社、科研製薬株式会社、筑波メディカルセンター、統計数理研究所、東洋大学など、さまざまな企業・研究機関・大学から、製造、ヘルスケア、統計一般、教育などの分野におけるデータ分析や活用事例、また研究成果などご発表いただきます。

午後の部の基調講演では、米大リーグ ヒューストン・アストロズで、ゼネラルマネージャー直属のプロセス改善担当特別アシスタントとして活躍するシグ・マイデル(Sig Mejdal)氏より「ロケットサイエンスからベースボールサイエンスへ:フィールドに学ぶ」と題してご講演いただきます。

<開催概要>

  •   日 程: 2018年11月16日(金) セッション:10:00 - 17:45 (受付開始9:30 )/懇親会:18:00 - 19:30
  •   会 場: グランド ハイアット東京 3階 宴会場 (東京都港区六本木6-10-3)
  •   主 催: SAS Institute Japan株式会社 JMPジャパン事業部
  •   来場者見込み数: 300名 (2017年実績:300名)
  •   参加費: 有料(事前登録制)

・一般企業・官公庁/個人 16,200円( 9月末までの申し込みには早期割引価格 10,800円 を適用)
・官公庁/地方自治体/独立行政法人 8,100円
・アカデミック:教職員 8,100円
・アカデミック:学生 5,400円        (価格はすべて税込)


JMPについて

JMPは、1989年に米国で販売が開始されて以来、主に企業の製品企画開発部門や品質管理部門、データ分析担当者や医師、大学および公共の教育、研究機関などにおいて統計学のリファレンス的ソフトウェアとして利用されてきました。日本では1990年に販売が開始されて以来、主に製造業の品質管理やデータ分析を行う部門や、医師、大学および公共の教育、研究機関のユーザーに支持され、毎年2桁の伸びでユーザー数を増やしてきました。2001年以降、JMPの日本語版を市場に投入し、より多くの日本のユーザーに提供できるよう努めています。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

Back to Top